Internet Watch logo
記事検索
最新ニュース

BCN、店頭の売れ筋商品を比較して購入の参考にできるサイト


BCNランキング

サイトの基本コンセプト
 BCNは、実売データをもとにしたデジタル商品購入支援サイト「BCNランキング」を9日に開設した。利用は無料。

 BCNランキングは、全国22社、2,300店舗の販売データを用いたデジタル商品情報サイト。PCや携帯電話、デジタル家電など118アイテムを対象にし、初心者や女性にもわかりやすい内容を目指している。

 POSデータを集計した各ジャンルの売れ筋ランキングでは、商品名やメーカー、市場推定価格のほか、上位10機種に限りシェアも表示する。価格帯の円グラフも用意し、ランキング内でどの価格帯の商品が占めているのかを確認できる。気になった商品にチェックを入れ、比較することも可能だ。

 ランキングの中から商品を検索する際は、ユーザーが求める機能などから、代表的な検索軸をあらかじめ用意する。求める機能を複数選択し、商品を絞り込むことも可能。検索項目は今後のニーズに応じて増やすという。より詳細な検索ができるように、メーカーやスペックなどから選ぶことも可能だ。

 商品の詳細ページでは、製品概要やスペックだけでなく、市場実勢価格推移や週次シェアのグラフを表示。ユーザーによる製品のレビューも閲覧できる。また、Amazon.co.jpや大手家電量販店などのオンラインストアで購入できるリンクを設置。さらに、ユーザーの住所等を入力することで周辺の店舗を地図上に表示する機能も用意されており、実店舗で購入したい場合に便利だ。

 無料の会員登録を行なえば、マイページでプロフィールを作成・公開でき、商品のレビューなどを書き込むことが可能となる。今後は、ユーザーオリジナルのランキングを作成・公開できる予定。オリジナルランキングでは、価格やスペックを登録しておくことで、自動的に最新ランキングが更新されるという。さらに、BCNランキングのデータをもとに、オリジナルの分析が書き込める機能も追加する予定だ。

 このほか、BCNランキングでは、女性をターゲットにした特集や連載記事、デジタル商品に関する最新ニュースを配信する。また、POSデータ取得店の店頭にて2005年3月から配布しているフリーマガジン「BCNランキング」や、17日に公開予定の携帯電話向けサイトとも連動。気になった商品の情報を、紙面のQRコードからサイトにアクセスして確認できるようになる。サイトの商品ジャンルに関しては、現在の20アイテムから、今月末までに100アイテムまで拡大する予定という。

 BCNは11日、BCNランキングに関する記者発表会を行なった。同サイトは、従来の価格比較サイトとは異なり、用途や機能、予算など、さまざまな要素を比較・検討することで、新しい商品選択の基軸を提案するという。BCNの奥田喜久男代表取締役社長は、「1998年からBCNランキングのデータを取り始めて、業界関係者の皆様に提供してきた。今回はそれらのデータを一般消費者に対してWebで公開するもの。今後は、フリーマガジンとWebがどのようにコラボレーションしていけば良いのかを考えながらサイトを作りこんでいきたい」と述べた。


BCNの奥田社長 価格比較サイトとの差別化

クロスメディアによる展開 リアル店舗での購入も支援

関連情報

URL
  BCNランキング
  http://bcnranking.jp/

関連記事
ネットでは店頭よりワンランク上の商品を購入する傾向〜BCNランキング(2006/08/01)


( 野津 誠 )
2007/07/11 18:15

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.