記事検索
バックナンバー

カード式の暗記帳が作れる「メモメモ暗記帳」


アプリ名メモメモ暗記帳(Ver. 2.2.0)
こんなときにメモ付きの暗記帳を作成したい、いろんな暗記帳を持ち歩きたい
価格85円
販売Satoshi Horiguchi (C)Satoshi Horiguchi
URLhttp://itunes.apple.com/jp/app/id434517635

自動再生、メモ、編集、バックアップが可能な暗記帳ができる

 社会人になっても勉強は終わらない。資格取得ではなくても、業務で覚えたい用語などはあるはずだ。以前、写真に撮ったものなら、なんでも穴埋め問題風になるアプリをご紹介した。穴埋め問題の場合、周辺に書かれたものとの相関関係が、ある程度ヒントになるが、単語、用語をピンポイントで覚えたいときもある。単語を覚える定番といえば、自分で書いてはめくる「暗記カード」だろう。

 今回ご紹介するのは、iPhoneが暗記カードになるアプリ「メモメモ暗記帳」である。作成した暗記帳のカードは、タップでめくれるのはもちろんのこと、自動めくり機能がついており、任意のスピードで再生できる。特定のカードの非表示機能や、表示順の入れ替え、ワード検索や、表裏の切り替え、作成済みカードの編集機能もサポートしている。当然のことながら、どれだけ作成しても荷物にならず、使いすぎて劣化することもなければ、バッグの中で暗記カードがバラバラになる心配もない。このあたりは、紙の暗記カードにはない、アプリならではの特徴といえるだろう。

メモメモ暗記帳。広告付きの無料版も用意されている

 新しく単語カードの束を作成するときは、「新しい暗記帳を作成」を選ぶ。カードの作成は、アプリ内で表と裏のデータを1つずつ登録してもいいが、量が多いと非常に手間のかかる作業となる。そんなときは、作成しておいた暗記帳に、パソコンで作成したテキストファイルを、iTunesの「ファイル共有」で取り込めば一気に登録できる。

 読み込み可能なテキストファイルは、UTF8エンコードのタブ区切り、またはカンマ区切りで、1行につき「表面の単語(タブ)裏面の単語;」と表記すれば、質問と回答1セットとして認識される。なお、テキストファイルの読み込みは、作成済みの暗記帳への新規カード追加にも有効だ。

 「メモメモ暗記帳」では、1枚のカードに、表3個、裏3個の最大6個までメモを記入できるのも特徴の1つ。答えのヒントはもちろん、要注意単語へのマークや、一緒に覚えておきたいフレーズを2色で表示できるので便利だ。

 メモを追加したいときは、左から2つめのアイコンをタップし、2色のマーカーのうち1つを選択し、カード上をなぞる。するとテキスト入力ボックスが表示される。作成済みのメモは編集、削除できるので、習熟度に合わせて活用するといいだろう。

 覚えてしまったカードは、長押ししてからドラッグすると隠せる。隠したカードは、「暗記帳リストの表示」から暗記帳を選んでカードリストを表示すれば、再表示設定もできる。また、表示するカードの順番もあとから変更可能だ。

 作成した暗記帳は、テキストファイルとして書き出しもできる。書き出したファイルは、iTunesの「ファイル共有」でパソコンに取り込める。メモ付きで保存できるので、大事な暗記帳はバックアップしておくと安心だろう。

英語をタップすると、カードがめくれて、上段に答え、下段に次の質問が表示される。上下がセットではない 新しい暗記帳を作るには、左から3つめのアイコンをタップし、[新しい暗記帳を作成]を選択 暗記帳の名前を入力する 暗記帳ができたら、画面左のアイコンをタップ


[新規カード]を選ぶと、カード(単語)単位で登録できる 上に質問、下に答えを入力 左から3つめのアイコンをタップし、[ファイルの読み込み]を選ぶと、作成済みのテキストファイルから、まとめてデータを取り込める 60件分のカードが一気に登録された


用意しておいたテキストファイル メモを付加する際は、左から2つめのアイコンを選択 オプション設定ではカラー、フォントサイズ、カードの裏表、カードの追加位置を指定できる フォントサイズを最大にした状態



関連情報

2012/5/9 06:00


すずまり
プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。
睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。