ニュース

交通新聞社、「JR時刻表」アプリをスマートフォン向けにリリース

 株式会社交通新聞社は24日、スマートフォン向けアプリ「デジタルJR時刻表 Lite」を12月25日にリリースすると発表した。iOS 7以降のiPhone/iPod touchに対応。Android版は2016年1月下旬に提供される予定。タブレット端末向けのアプリは5月に公開されている。

 アプリ本体はダウンロード無料だが、価格(税込)は7日間120円、1カ月360円と利用日数に応じて設定されている(リリース記念キャンペーンとして、2015年12月25日〜2017年1月31日まで1カ月250円)。なお、初回インストール時に限り、すべての機能を無料で7日間試用できる。

 月刊誌「JR時刻表」「東京時刻表」に掲載されている全路線の時刻表を収録。路線図、JR営業案内、JRニュース、経路検索、列車運行情報、観光・宿泊情報も含まれる。

 路線図の駅名をタップして出発駅・到着駅を選べるほか、ブックマーク機能を備えるため、検索のたびに文字入力する手間が省ける。また、GPS機能を活用することで、土地勘のない場所でも最寄り駅を簡単に検索できるとしている。

時刻表
経路検索
路線上のどの位置を表示しているか一目で分かる「ミニマップ」のほか、初電から終電までスクロールして表示する「スライダー」や「全画面モード」を搭載する
従来の経路検索アプリの機能に加え、列車情報(運転日や編成設備)を確認できる
時刻表の時刻をタップすると、乗り継ぎ候補の2列車を各方面別に一覧表示
日付や列車名で条件を満たす列車を一覧表示したり、出発駅や到着駅の時刻で列車を並び替えできる

(磯谷 智仁)