【EC】

試供品提供サイト「ためしてときめき@nifty」、商品販売も展開

■URL
http://www.nifty.com/tokimeki/

「ためとき」のトップページへ  ときめきドットコム株式会社は、株式会社プロハウス、ニフティ株式会社と共同運営する試供品提供サイト「ためしてときめき@nifty」の事業説明会を開催し、今後物販サービスを含めた拡大展開を図ると表明した。

 「ためしてときめき@nifty」(以下「ためとき」)は「@nifty」の会員向けに展開している、試供品・新製品の登録制サンプリングサービスだ。ユーザーはサイトから希望の試供品に申し込み(応募が多い場合は抽選)、応募時とサンプリング後の2回にわたってアンケートに回答することで、企業に商品の感想・意見をフィードバックする。企業側から見ると、対象が@niftyの会員であることで、懸賞目当てに一人でいくつものIDで登録するといった行為が防げ、質の高いマーケティングデータを得られる利点がある。実際、こうした点が評価され、他の試供品サイトより多くの商品が集まっているという。これまで提供した商品例には、食料品からゲームソフト、映画ペアチケット、学習教材などがあり、商品バラエティも豊富だ。

 事業説明会では現在の会員状況などを説明。会員数は約3万人、20代〜40代の女性が特に多く、生活用品や商品開発への興味が高い、またサイト内バナーのクリック率が40%前後と高い数字にあるといった傾向をまとめている。またサイト内でユーザーがオススメ商品を紹介する「クチコミ広場」や、試供品の感想を掲載した「モニター広場」といったコミュニティ的なコンテンツで、会員の意見が商品プロモーションとして機能している面もあるという。

 こうした現状を生かし、8月末より試供品提供した企業を対象に、「ためときアンテナショップ」というECサイトを開設する。「ためとき」利用企業に対して、月1万円(基本パッケージ利用の場合)でオンラインショップ機能を提供し、サンプリングした商品を販売できる場を作る。販売開始時点で「ためとき」ユーザーからの認知度が高い点や、サンプリング時のユーザーの声を生かした販売が可能になるといった点がメリットとなる。会員以外も購入ができ、販売利益はすべて企業側の収入になる予定だ。また「ためとき」を利用した商品をサークルケイ・サンクスへの紹介・店頭導入を図る支援活動も積極的に行なっていく方向だ。

◎関連記事
サンプル提供型マーケティングサイト「ためしてときめき@nifty」

(2001/7/19)

[Reported by aoki-m@impress.co.jp]


INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watchグループinternet-watch-info@impress.co.jp