今すぐ読みたい注目記事

「ふるさと納税」ってなぜお得なの? まずは基本的な仕組みを知ろう!

ふるさと納税の仕組みと活用法<前編>

「今すぐ読みたい注目記事」コーナーでは、過去に掲載した記事の中から、「今読んでほしい記事」を再紹介しています。記事内容は掲載当時のもので、最新の状況とは異なる場合もあります。

「ふるさと納税」ってなぜお得なの? まずは基本的な仕組みを知ろう!

 「ふるさと納税」は、都道府県や市区町村に寄付することで、税控除が受けられる制度です。自分で選んだ自治体に寄付をすると、年間寄付金額のうち2000円を超える分について、一定上限まで所得税・住民税から控除される仕組みです。

 2008年にスタートした当時は、進学や就職などで自分の生まれ育った故郷から移転した人が、故郷に税金面で貢献できるように設計されたものでした。ただ実際には、生まれ故郷でなくとも全国どこでも自由に寄付できるうえに、複数の寄付先を選ぶことも可能です。

 ふるさと納税をする大きな魅力は、寄付先から「お礼の品」として返礼品がもらえることです。その内容は地域の名産品や旅館の宿泊券、サービスなど、自治体によってさまざまです。

 また一般的には、納めた税金の使途は自分では決められませんが、ふるさと納税では、例えば災害対策や教育事業の支援、街の環境整備など、いくつかの選択肢から選ぶ形で、寄付金の使途を指定することもできます。また後日自治体から報告書が送られてくるので、税金の使い道がわかり、寄付をする側にも安心感が生まれます。

[目次]

  1. ふるさと納税ってなぜお得なの? まずは仕組みを知ろう!
  2. 寄付したお金ってどうやって戻る? いつの間にか住民税が軽減される?
  3. 返礼品はどうやって選ぶ? まずは自分の寄付額の上限を知ろう
  4. 税金の軽減方法は「確定申告」と「ワンストップ特例」の2種類から選ぶ(後編記事)
  5. 6カ所以上寄付するなら知っておきたい確定申告の方法は?(後編記事)
  6. ワンストップ特例制度の利用条件と注意すべきこと(後編記事)

2021年12月15日掲載の記事で続きを読む