ビジネスに役立つiPhoneアプリ

スクロールせずに1画面丸ごと保存できる「画面メモ!キャプチャーブラウザ」

アプリ名 画面メモ!キャプチャーブラウザ(Ver.1.1.1)
こんなときに 表示しているウェブページ全体をキャプチャしたい
価格 無料
配布 Yohei Sakakibara (C)2013 Sakabou Inc.
URL https://itunes.apple.com/jp/app/web-capture-browser/id691796891?mt=8

ブックマークレットにも対応した画面キャプチャアプリ

 保存しておきたいウェブページがあったとき、表示範囲であれば画面キャプチャを撮ればよい。しかし、保存したい範囲が1画面に収まらないときは、スクロールしながら何度もキャプチャしなくてはならない。こんなときは専用のキャプチャアプリが便利だ。

画面メモ!キャプチャーブラウザ

 長いウェブページでも、1タップで保存できるのが「画面メモ!キャプチャーブラウザ」である。データは横幅640ピクセルで、いったんアプリ内に保存され、後から必要なページだけをJPEG形式でカメラロールに保存できる。設定で最初からPNGファイルとしてカメラロールに保存させることも可能だ。

 Safariで閲覧中のウェブページを保存したいときは、ブックマークレットを活用しよう。ブックマークレットとはブックマークから呼び出せるプログラムのこと。まず「画面メモ!キャプチャーブラウザ」の「設定」で「ブックマークレットをコピー」を選択する。続いてSafariを起動し、いったん適当なブックマークを作成。そのブックマークのURLをコピーしたURLで書き換えればOKだ。

 あとはウェブページ上で作成したブックマークレットを呼び出せば、閲覧中のページを「画面メモ!キャプチャーブラウザ」に再表示させられる。少々手間はかかるが、一度作成しておけば気になるウェブページを簡単に保存できるようになる。すべて保存しておきたい文章や、参考にしたいデザインなどのメモに活躍するに違いない。

設定画面
「画面メモ!キャプチャーブラウザ」でウェブページを表示したら、右下のカメラのアイコンをタップ
全体が保存される
データはアプリ内で確認できる
保存済みのキャプチャを選択し、右上のアイコンをタップすると現れるメニュー。ウェブページの再表示もできる
ブックマークレットを作成しておくと便利
Safariから「画面メモ!キャプチャーブラウザ」を起動できるようになる

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。