記事検索

Google Appsが送信ドメイン認証の「DKIM」に対応


 Googleは6日、GmailなどのGoogleのアプリケーションを独自ドメイン名で利用できる「Google Apps」の利用者向けに、送信ドメイン認証技術「DKIM」を利用可能にしたと発表した。

 DKIMは、メール送信サーバーでメールに電子署名を付与して送信することで、メールを受信したサーバーがDNSに公開鍵を問い合わせて署名の正当性を確認し、送信元を詐称したなりすましメールでないかを判別する技術。

 Google Appsの利用者は、コントロールパネルの画面からDKIMの設定を行い、DNSをアップデートすることでDKIMの利用が可能となる。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/1/7 19:05