記事検索

岡崎市図書館、ウェブ閲覧障害は逮捕された男性に原因は無いとする共同声明


 愛知県岡崎市立中央図書館は25日、図書館ホームページの閲覧障害に端を発して、ホームページからデータを収集していたプログラム作者の男性が逮捕された事案について、この男性との話し合いに基づく共同声明を発表した。

 図書館では、閲覧障害の原因は三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)が開発した図書館システムにあり、男性がデータの収集を行ったクローリングのプログラムは技術的に一定の配慮が施されたものだったことを認めた。MDISに対しては、今回の事案を真摯に受け止め、反省を踏まえて再発防止策など今後の企業活動に教訓として役立てることを期待すると説明。男性については、社会的名誉が回復されることを願うとした。

 一方、男性が求めていた被害届の取り下げについては、行政として被害届を提出する必要があると判断すれば躊躇することがないようにするためとして、被害届は取り下げないことを男性に説明。男性もこの判断に理解を示したとしている。

 図書館と男性の話し合いは、岡崎市図書館交流プラザを中心とした市民活動を支援する目的で設立された市民団体「りぶらサポータークラブ」のコーディネートにより実現。図書館と男性、りぶらサポータークラブがそれぞれウェブで声明を発表している。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/2/25 18:34