記事検索

電子マネー「Edy」のAndroidアプリに、オートチャージ機能を近く搭載


 ビットワレットは、Android向けアプリ「Android Edyアプリ」に、新機能「Edyオートチャージ」を4月18日15時より提供する。

 「Edyオートチャージ」は、1時間に1回、Edyの残高を確認して、設定額以下であれば自動チャージする機能。「Android Edyアプリ」だけの機能となる。オートチャージを行うと、画面上には、チャージしたことを知らせる通知が表示される。1日あたりのオートチャージ上限額として1000円〜5万円まで設定でき、使いすぎを防止することもできる。スマートフォンを紛失したり盗難にあったりした場合には、パソコン向けの専用サイトでオートチャージ設定を解除できる。

 このほか、「Android Edyアプリ」では、新たに「Edyギフト(Edyの受け取り)」「Edyお預け機能」も利用できるようになった。

 同社によれば、「Android Edyアプリ」のダウンロード数は、20万件を超えたのこと。今回の新機能追加にあわせ、4月18日〜5月17日に「Edyオートチャージ」を設定したユーザーを対象に、毎日1名、チャージしたEdy分(最大2万5000円)をプレゼントする。


関連情報


(関口 聖)

2011/4/12 16:06