記事検索

新曲を違法アップロードする度にメルマガで7万人に告知、男性をJASRACが告訴


 一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は21日、携帯電話向け違法音楽配信サイトの運営者の男性(39歳)について、著作権侵害(公衆送信権)の疑いで埼玉県所沢警察署に告訴したと発表した。

 JASRACによると、男性は2004年11月ごろから、CD発売前の新曲の音楽ファイルを違法アップロードし、その都度、メールマガジンを通じて7万人の利用者に告知してダウンロードさせていたという。

 埼玉県警察本部サイバー対策課と所沢警察署によると、この男性はこれまでに約3000曲をアップロードし、約5500万円の広告収入を得ていたことが判明しているという。


関連情報

(永沢 茂)

2011/11/21 17:10