記事検索

個人スキルを簡単オンライン販売、オウケイウェイヴが「Abilie」オープン


 株式会社オウケイウェイヴは30日、知識やスキルの個人間販売サービス「Abilie(アビリエ)」を正式オープンした。同日には、報道関係者向けの発表会を開催。サービス開始の狙いや、具体的な仕様を解説した。

「Abilie」のウェブサイト 「Abilie」の報道関係者向け説明会に出席したみなさん

出品者を事前審査、DRM対応コンテンツ配信も可能

 Abilieは、個人が持っている知識やスキルを、オンライン経由で提供・販売するためのプラットフォーム。オウケイウェイヴでは「ソーシャルコマースサービス」と位置付けている。さまざまな用例が考えられるが、例えば、美容の専門家が個人出品者として登録し、一般の顧客(購入者)に対してメイクアップ解説映像を有償で配信したり、サービス購入者から送信されたポートレート画像を添削してアドバイスを返送するといったことが可能。

 出品登録にあたっては審査を行う。特定分野の専門家でなくても、原則的に誰でも登録可能。出品料、毎月のシステム利用料なども無料だが、取引成立時は、売買金額の60%を報酬として出品者に支払い、残り40%をオウケイウェイヴ側で受け取る仕組み。支払い用クレジットカードの手数料などはオウケイウェイヴ側で負担する。

 出品審査については、Abilie側で一定の基準を設けており、特に問題がないものに関しては申請当日ないし翌日に回答を行う。ただし、前例のない出品内容であったり、法律的に問題がないか弁護士と相談するケースについては、時間を要する場合もあるという。


出品にあたっての料金は不要。取引成立時にのみ、代金をシェアする方式となっている 出品時には事前審査を行う

 出品者から一般購入者へ提供できるコンテンツは、動画、PDF(EPUB)、メールマガジンなど。このうち、動画とPDFについては著作権保護機能(DRM)を備えており、複製の防止が可能。動画はストリーミング配信のみで、保存は不可能。PDFでは画面キャプチャーや印刷も禁止できる。

 また、出品者と購入者間の連絡用メッセージ機能を備えている。これを利用することにより、個人カウンセリングなどを行うことが可能。なお、商品・製品の配送などを伴う個人間取引には対応していない。

自分にとって当たり前の知識でも、他人から見れば「お金を払ってでも欲しい!」

(左より)オウケイウェイヴ代表取締役社長(CEO)である兼元謙任氏、取締役の圓谷勇雄氏、ナレッジマーケット事業部マネージャーの下田智氏

 発表会には、オウケイウェイヴの代表取締役社長(CEO)である兼元謙任氏が出席した。同社では、無料で使えるユーザー間質問サイト「OKWave」を長年運用しているが、その中で、「優秀な回答者に対して直接質問したい」というニーズが生まれてきており、それがAbilie誕生のきっかけという。

 「あるユーザーさんが、イタリアのベニスへ旅行に出かけようとしていたとき、『現地では(高潮などの影響で)道路浸水が頻繁に起こっており、バス停がその都度変更されている』という話を聞いたんだそうです。旅行代理店に聞いても詳細がわからない中、OKWaveの中で、とてもベニスに詳しい人を見つけ、『お金を払ってもいいから、その方にお話を聞きたいので、連絡先を教えて欲しい』と問い合わせをいただいたことがありました。今、こういったお声が非常に多くなっています」

 なお、現時点ではOKWaveとAbilie間のサイト連携は見送っている。この点について兼元氏は「無料コミュニティとして育ったOKWaveの中に、有料サービスであるAbilieがいきなり入ってしまうと、公園の中に突然露店ができるというか、違和感が発生する懸念があります」と、慎重な構えを見せた。ただし、将来的には検討するほか、その他の要素についても随時、利用者からの意見を踏まえた上で、改善していきたいという。

 また、取締役の圓谷勇雄氏(ナレッジマーケット事業部事業部長)からは、Abilieの概要が解説された。圓谷氏は「記者の方であれば、ニュースのヘッドラインを書くことはそれほど難しいことではないと思います。でも、一般消費者の方から見ると非常に難しいことなんです。そういった技能とニーズをマッチングする場が、今後は必要になってくるのではないでしょうか」と説明する。

 Abilieのサイトについては、ナレッジマーケット事業部マネージャーの下田智氏が解説した。トップページには「Abilieストリーム」というスペースを設け、最新の出品状況がほぼリアルタイムでわかるようにしたほか、リクエストの受付も行うことで、サイトの活性化を図っていく。また、取引に際しては、購入代金をAbilie側でいったん預かるとともに、各所でAbilieが仲介を行うため、安心して利用できる点をアピールした。

(左より)藤原美智子さん、シウマさん、ステラ薫子さん

 発表会の後半には、Abilieで実際にサービスを販売する専門家3名がゲストとして登場した。生年月日や携帯電話番号をもとにした占いを行うシウマさんは、毎月4名限定で個人鑑定を受け付ける(1万2000円)。同じく占い師のステラ薫子さんは、タロット占い講座などを動画として提供するという(5000円から)。

 ヘアメイクアーティストの藤原美智子さんは、メイクのテクニックに関する動画を販売する(3500円)。「今回のビデオは、アーティストがモデルにメイクを施すだけでなく、モデル自身がメイクする、つまり自分自身がメイクする際のコツをまとめました」と解説。実際にメイクした際の写真を送信してもらい、それに対してアドバイスするという、Abilieの特性を生かしたサービスも別途有償で提供する予定だ。


関連情報


(森田 秀一)

2012/3/30 19:42