ニュース

FabCafe、全身3Dスキャン&3Dプリンターによるフィギュア作成サービスを開始

 株式会社ロフトワークは27日、東京・渋谷のデジタルものづくりカフェ「FabCafe」と株式会社ケイズデザインラボとのコラボレーションにより、全身3Dスキャナーと3Dプリンターを利用して、自分のフィギュア制作を1日で体験できる「3D Snap & Touch」サービスを、毎週土曜日(完全予約制)に行うと発表した。

作成した3Dフィギュアの例

 「3D Snap & Touch」サービスでは、設置している3Dスキャナー「bodySCAN 3D」で、来場者の全身をわずか6秒でスキャン。専門のスタッフによってスキャンされた3Dデータのモデリングを行い、FabCafeに導入している3Dプリンター「Cube」でフィギュアを出力する。フィギュアは持ち帰ることができ、スキャンしたデータをiOS/Android用アプリ「Ks3D Viewer」で見ることもできる。費用は9800円。所要時間は2時間程度。フィギュア素材はPLA限定で、色は選べない。

 全身3Dスキャンのみの「3D Snap」サービスも利用可能で、費用は3000円。所要時間は30分程度で、3人まで同時スキャン可能。

 サービスは土曜13時〜20時までで、「3D Snap & Touch」は1日5人まで、「3D Snap」(スキャンのみ)は1日10人まで受付可能。8月27日時点の予約受付可能日は8月31日、9月7日、14日、28日。予約はFabcafe店舗への電話で受け付ける。

(三柳 英樹)