ニュース

Flash Playerの脆弱性対策情報、今年は9月時点で190件、すでに昨年1年間の2.5倍

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は26日、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」日本語版の登録状況を取りまとめた。

 2015年第3四半期(7〜9月)に登録された脆弱性対策情報は1761件。このうち、Flash Playerについての脆弱性対策情報の登録件数は95件だった。1月からの累計では190件に上り、昨年1年を通じての登録件数である76件の2.5倍と大きく上回っている。

 また、95件のうち、深刻度の高い「レベルIII(危険)」に分類されたものは89.5%を占めた。JVN iPediaのこれまでの登録情報において同レベルが占める割合は40.1%のため、2倍以上となっている。

 IPAでは、Flash Playerの利用者に対して、Flash Playerを常に最新の状態で使用するよう呼び掛けている。また、Flash Playerの機能が不要な場合には、ブラウザーなどの設定で無効化するか、アンインストールするといった対策を取る必要があるとしている。

(永沢 茂)