【調査結果】

Netscapeのシェアが4%を切る〜米WebSideStory最新調査結果

■URL
http://websidestory.com/cgi-bin/wss.cgi?corporate&news&press_1_193

 使用されているブラウザーやOSに関する情報をWebデザイナーなどに提供する調査会社WebSideStoryが28日発表したところによると、8月26日時点でのNetscapeの全世界でのシェアは3.4%となり、昨年に比べて13%減少したことが明らかになった。これに対してMicrosoftの「Internet Explorer」のシェアは増加を続け、現時点でのシェアは約96%、1年前に比べて9ポイントも増加していた。

 一方でNetscapeがシェアを保っている地域もあるという。例えばスイスのNetscape利用率は世界平均の約2倍であり、独、カナダ、米国でも世界平均を上回っている。

 Netscapeの置かれている状況についてWebSideStoryのStatMarket製品マーケティング担当副社長Geoff Johnston氏は「最新バージョンのNetscapeはこれまでのところユーザー数で勝利を収めることはできなかった。少数の国々では抵抗を続けているが、AOLが近いうちに動きを見せなければNetscapeは市場の最後の1、2%を巡ってOperaと戦うことになるだろう」とコメントした。

8月26日時点での世界ブラウザーシェア
Microsoft

95.97%

Netscape

3.39%

その他

0.64%


IEのシェアは95.3%、MozillaとNetscapeは好発進を見せる〜OneStat調査
IE6のシェアがリリース後7カ月間で30%に急上昇〜米WebSideStory社調査

(2002/8/29)

[Reported by 青木 大我 (taiga@scientist.com)]

ほかの記事はこちらから

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.