記事検索
バックナンバー

写真の中の不要な部分だけをキレイに消去する「TouchRetouch」


アプリ名 TouchRetouch(Ver. 2.1)
こんなときに 写真に写り込んだ余計なものを消したい!
価格 85円
販売 Maksym Davydov (C)Adva-Soft
URL http://itunes.apple.com/jp/app/id373311252

塗りつぶして実行するだけで消える

 撮影した写真に、余計なものが映り込んでしまい、意図した結果を得られずにがっかりしてしまうことがある。場合によっては著作権の問題で、そのままブログやSNSにアップロードできないこともあるだろう。そんなときに、特定の対象物だけを消し去り、最初からなかったかのように仕上げてくれるアプリ「TouchRetouch」が重宝する。

 写真の中で一部だけ消すとなると、相当のテクニックが必要と思われるかもしれないが、「TouchRetouch」は、塗りつぶすだけであとはお任せという簡単さが最大の特徴だ。

 写真は、カメラで撮影したばかりの写真と、すでにカメラロールに保存された写真を読み込んでの加工が可能だ。いずれも読み込む際に、処理時の解像度を選択できる。オリジナルと同サイズのままでもいいが、サイズが小さいほど処理時間は短くなるので、処理後の画像をどうするかによって選択しよう。取り込んだ写真はピンチ操作で拡大できるので、細かい部分の作業も可能だ。

起動時の「TouchRetouch」 取り込む写真のサイズに応じて、イメージサイズが選択できる

 写真読み込み後の画面の下には、左から「投げ縄」「筆」「消しゴム」「移動」「実行」「コピースタンプ」「保存」があり、上部にはUndoとRedo用のボタンがある。

 「投げ縄」と「筆」はいずれも範囲指定に用いる。「投げ縄」は周囲をなぞるだけで中を塗りつぶし、「筆」は自由に塗りつぶせる機能なので、対象の形によって使い分ければいいだろう。「消しゴム」は塗りつぶしたとき、はみ出した部分を補整できる機能だ。「移動」は拡大時に表示位置を変更するのに使用する。

お弁当の写真から梅干しだけを消してみよう 左の「投げ縄」を使って梅干しを丸く囲むと、赤く塗りつぶされる 右から3つめの実行ボタンをタップすると、梅干しが消えた お弁当を見ても、梅干しがあったことはわからないほど

 実際の処理は非常に簡単だ。「投げ縄」または「筆」で消したい部分を塗りつぶし、実行ボタンをタップするだけである。指定した箇所がフワッというアニメーションとともに消え、消し去った部分は、周囲と違和感のないように塗りつぶされる。その仕上がりが非常に自然で驚かされるのである。対象物の輪郭にそってきっちり塗りつぶすよりは、多少ルーズにはみ出したほうが、自然な仕上がりになることが多いようだ。

一番右にあるフロッピーディスクのアイコンを選択すると、保存先が選べる 映り込んでいる人を消してみよう 塗りつぶしたい箇所をピンチで拡大し、「筆」で塗りつぶす。塗っている部分は左上に表示される 大胆に塗りつぶしてOK

 複雑な図形などよりは、背景が空や雲、道などのほうが自然な仕上がりを得られるが、不自然な結果になっても、「コピースタンプ」機能を使って補整し、再度範囲指定して処理するなどすればカバーできるうえ、、UndoとRedoボタンにより、処理前までさかのぼってやりなおせるので安心だ。

 処理後の写真は、「保存」ボタンでiPhone内のアルバムに保存でき、さらにはメールに添付して送信したり、「イメージの共有」からFacebook、Flickr、Picasa、Twitterで共有できる。さまざまなシーンで役立つに違いない。

「コピースタンプ」はコピー元になる場所と、スタンプの種類、サイズ、向きなどが選べる 「コピースタンプ」では、指のスライドに応じてどのような動作をするか指定する 写真の中に映り込んでいた人を3人、賽銭箱の後ろに張られていたロープを消した 設定画面

 


関連情報

2011/9/14 06:00


すずまり
プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。カメラを中心にガジェットを好む。趣味は写真と料理。
主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。ど。