ビジネスに役立つiPhoneアプリ

飲んだお酒によって酔いが覚めるまでのおよその時刻がわかる「alcCalc」

アプリ名 alcCalc(Ver.1.0.1)
こんなときに この後まだ仕事があるけど最初の乾杯には付き合いたい!
価格 無料
配布 NOHT CO.,LTD. (C)NOHT CO.,LTD
URL https://itunes.apple.com/jp/app/alccalc-arukoru-fen-jie-ji/id887557458?mt=8

節度を持った飲み方のサポートに

 いよいよ今年も忘年会、新年会と、飲酒の機会が増えるシーズンに突入。中には仕事が終わらないので、ご挨拶がてら乾杯には付き合いたいが、途中で戻ってまた仕事を再開したい、という方も多いはずだ。そんなとき知りたいのが、酔いが覚めるまでの時間ではないだろうか。

alcCalc

 「alcCalc」は、体重と性別、飲んだお酒の量から、アルコールの分解時刻をリアルタイムに予測してくれるユニークなアプリ。飲み始めのタイミングでメニューからお酒を選ぶだけで、ビールのような発泡性ドリンクのアニメーションを背景に、その時間をカウントダウンで教えてくれる。なお、表示する値はあくまでも性別と体重から算出した平均値で、正確性を保証するものではない。

 カウントダウンの下には、摂取したカロリーと、呼気アルコール濃度、血中アルコール濃度、さらには二日酔いの危険性を次々と表示する。二日酔い予想は「問題なし」「恐れあり」「注意」「危険」の4段階で表示。何を飲んだかは「履歴」でも確認できるほか、TwitterやFacebookへの投稿機能も備える。

 現在プリセットされているデータは、ビール、チューハイ、ワイン、日本酒、焼酎、泡盛、梅酒、ウイスキー、ジン、ラム酒、テキーラ、ウォッカ、カシスオレンジ、ピーチフィズ、カルーアミルク、カシスソーダ、カンパリオレンジ、ファジーネーブル、スプモーニー、モスコミュール、ウーロンハイ、ラムコークの22種。

 ビールならさらに、グラス、小ジョッキ、中ジョッキ、大ジョッキ、小瓶、中瓶、大瓶、350ml缶、500ml缶、ワインなら、グラス、ハーフボトル、デカンタと、お酒の種類に応じて量も選択できる。プリセットされていないお酒は、自分で名前、量、度数、カロリーを入力して追加することも可能だ。

 お酒を追加するごとに背景のドリンクの色が濃くなり、カウントダウン中の数字も見直される。こうして飲んだお酒の種類と量で、何時頃から酔っ払いを返上できるかがわかるのである。当然飲めば飲むほど遅くなるのはいうまでもないが、あらかじめ知っておくことで、頑張りどころもハッキリさせやすいというメリットがある。

 今のところ、選択したお酒の編集機能はなく、カウントダウンのキャンセル機能もない。ただし、アプリを完全に終了させれば再選択は可能なので、飲んでみたいお酒の中から分解が早そうなものを調べるツールとして使うこともできるだろう。なお、計算方法を確認したい方は、設定の「算出方法と免責」でご確認いただきたい。

最初に性別と体重を指定
画面の「+」をタップするとプリセットされたお酒の一覧が現れる
量を指定する
チューハイの場合
プリセットにないお酒は登録もできる
いろいろ飲むとどんどん酔っ払いに
ファジーネーブルなら10分以内に冷めるらしい
予想された分解時刻になると通知が
計算式は設定で確認できる

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。