記事検索

「QuickTime 7.6.4」は4件の脆弱性を修正、Win/Mac版とも影響


 アップルは、「iTunes 9」と同時に公開した「QuickTime 7.6.4」で修正した脆弱性に関する情報を公開した。

 QuickTime 7.6.4では、計4件の脆弱性を修正。4件の脆弱性は、特別に細工されたH.264ムービーやMPEG-4ビデオファイル、FlashPixファイルなどを開いた場合に、アプリケーションが突然終了したり、任意のコードが実行される危険性があるもの。いずれの脆弱性も、Windows 7/Vista/XP、Mac OS X 10.5.8および10.4.11に影響がある。

 QuickTime 7.6.4はアップルのサイトからダウンロードできるほか、Windowsの場合には「Apple Software Update」、Mac OS Xの場合にはOSの「ソフトウェア・アップデート」機能からアップデートが行える。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/9/10 17:33

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.