記事検索

最大5台のPCでコンテンツを共有できる「iTunes 9」公開


iTunes 9

 アップルは10日、コンテンツ管理ソフト「iTunes」の最新版「iTunes 9」を公開した。対応OSはWindows Vista/XP、Mac OS X 10.4.10以降。同社サイトから無料でダウンロードできる。

 「iTunes 9」では、iTunesに保存してあるコンテンツを、最大5台のPCで共有できる「ホームシェアリング」機能を搭載した。これまで、複数PCのiTunes同士でコンテンツを直接共有する機能はなかった。

 「ホームシェアリング」機能により、例えば、自宅にある別のPC内のコンテンツを自分のPC上で再生可能になる。新しいコンテンツを購入した際は、別のPCにも自動でライブラリに追加される。

 また、アーティストの画像や動画などの情報を表示できる「iTunes LP」を新たに搭載した。「iTunes LP」は、「iTunes Store」の一部のアルバムが対応しており、ライブパフォーマンスや歌詞、アートワーク、ライナーノート、インタビューなど多くのビジュアル素材を提供する。

 「iTunes LP」に対応するアルバムは、Bob Dylanの「Highway 61 Revisited」、Norah Jonesの「Come Away With Me」、The Grateful Deadの「American Beauty」、Dave Matthew Bandの「Big Whiskey and the GrooGrux King: iTunes Pass」など。

 楽曲のリコメンド機能「Genius」も強化。「Genius Mix」機能を追加した。ユーザーのライブラリの中から相性の良い曲を取り出して、自動的に最大12個のエンドレスミックスを作成できる。「iPhone OS 3.1」を搭載するiPhoneやiPod touchとの同期機能も強化。アプリケーションのレイアウトをiTunes 9上で行えるようになった。

 「iTunes Store」のデザインも新しくなった。気になったコンテンツをウィッシュリストに保存できるほか、iTunes Storeから直接、FacebookやTwitterへ楽曲名などを投稿できるようになった。
iPhoneアプリをiTunes上で整理可能に


関連情報


(野津 誠)

2009/9/10 12:30

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.