記事検索

「Opera 10.53」公開、危険度の高い脆弱性を修正


 Opera Softwareは4月30日、Webブラウザー「Opera 10.53」を公開した。Windows版およびMac OS X版が公開されており、Operaのサイトからダウンロードできる。

 Opera 10.53で修正した脆弱性は、Windows版およびMac OS X版のOperaに影響がある。スクリプトによるWebページの書き換えが大量に呼び出されることで、クラッシュが引き起こされ、任意のコードを実行させられる危険がある。

 この脆弱性について、Operaは危険度を「極めて深刻」、Secuniaでは上から2番目に高い“Highly Critical”と判定している。危険度の高い脆弱性を修正しているため、Operaではユーザーに対して早急なアップデートを呼びかけている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/5/6 19:37