記事検索

YouTube、メジャーリーグ全試合の映像を配信開始


「MLBJPチャンネル」のトップページ

 YouTubeは30日、MLBアドバンスト・メディア株式会社とパートナーシップを締結し、米メジャーリーグベースボール(MLB)の映像配信を開始した。全試合のノーカット映像に加え、ハイライト映像、歴史的な名シーンをYouTubeの「MLBJPチャンネル」で配信する。動画の視聴は無料。今シーズンの試合は、終了後36時間以内に視聴できるようになる。

 2009年以降に開催された全試合のノーカット映像に加えて、日本人選手が出場した試合のハイライトシーンをまとめた映像や、各試合のハイライトシーンを集めた映像、1日の全試合結果をまとめた映像が閲覧できる。ハイライトシーンの映像は、試合終了後に順次公開していく。

 さらに、歴史的な名シーンを公開するアーカイブでは、ハンク・アーロンがベーブ・ルースの通算本塁打記録を塗り替えた1974年の1戦や、2004年のランディ・ジョンソンによる完全試合などを紹介。米国の選手だけでなく、野茂英雄の初登板や、松井秀喜がMVPを獲得した2009年のワールドシリーズなど、日本人選手の懐かしの映像も随時公開する。

 このほか、検索ボックスで「Ichiro」や「Matsuzaka」など選手名を入力することで、好きな選手に関する動画を視聴することが可能。

 また、トップページの「スタジアムへ行こう」というタブをクリックすると、「Google マップ」が出現し、各チームの本拠地にロゴマークが表示される。ユーザーは好きなチームのロゴマークをクリックすると、スタジアムの衛星画像や、所属選手の動画を閲覧できる。

「MLBJPチャンネル」で公開する映像 スタジアムの衛星画像を閲覧することも可能
YouTubeコンテンツパートナーシップ統括部長の水野有平氏(左)と野球解説者の小宮山悟氏

 なお、「MLBJPチャンネル」はPCからの視聴のみに対応しており、iPhoneをはじめとするスマートフォンやその他の携帯電話、iPadからは視聴できない。映像の解像度は最大480p。一部の映像には日本語の解説が含まれているが、大半の映像は英語による解説となっている。

 今回のパートナーシップ契約では、日本に加え、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジルからも、ハイライト映像やアーカイブ映像が視聴できるようになっている。同チャンネルで発生した収益は、YouTubeとMLBアドバンスト・メディアで分配する。

 30日に開かれた会見には、元メジャーリーガーで現在は野球解説者の小宮山悟氏が出席し、「見逃した試合を後から見られるだけでなく、1年を通して気になる選手を追いかけられる。野球選手を目指す子供にとっても、良いプレーを見ることで、飛躍的に上手くなる可能性がある」と語った。

これまでにYouTubeがパートナーシップ契約を結んだ世界のスポーツ関連団体 これまでにYouTubeがパートナーシップ契約を結んだ日本のスポーツ関連団体

関連情報

(増田 覚)

2010/8/30 13:25