記事検索

Twitterでデジガレと経産省が連携、国・地方自治体のアカウント認証を迅速に


J ガバメント on ツイナビ

 株式会社デジタルガレージ(DG)と同社子会社の株式会社CGMマーケティング(CGMM)は5日、経済産業省と共同で、国や地方自治体などの公共機関におけるTwitterによる情報発信を促進する取り組みを開始したと発表した。

 CGMMが運営する公式Twitterナビゲーションサイト「ツイナビ」と、経済産業省が運営する政府・自治体のTwitter集約サイト「がばったー」を連携。震災関連・公共機関アカウントまとめページ「J ガバメント on ツイナビ」を開設した。地域(都道府県)やカテゴリーを指定することで、必要な情報を発信しているアカウントを探せるようになっている。

 公共機関のTwitterアカウント認証のための新たなスキームも開始。ツイナビ上に公共機関向けのアカウント登録ページを設けた。「ツイナビ公認アカウント」の取得と、経済産業省が運用する「Twitterアカウントの運用を行っている公共機関一覧」への追加がワンストップで行える。公共機関がTwitterアカウントを認証してもらうのにかかる時間や手間を削減でき、成り済まし防止も期待できるとしている。

 デジタルガレージグループでは今回の取り組みを全面的にサポートするとしており、「ユーザーが国、地方自治体等の公共機関から信頼性のある情報をすばやく入手できるよう情報の整備に努めるとともに、今後もソーシャルメディアの有効な活用に取り組んでいく」としている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/4/6 06:00