記事検索

「ウイルスバスター モバイル for Android」ベータ版の無償提供開始


 トレンドマイクロ株式会社は11日、Android端末向けのセキュリティソフト「ウイルスバスター モバイル for Android」のベータ版を、同社サイトで無料ダウンロード公開した。

 対応OSはAndroid 2.1以上およびタブレット用のAndroid 3.0、対応キャリアはNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、au(一部端末ではインストールできない場合もある)。4MB以上の空き容量、7MB以上のRAMが必要となる。

 製品版は9月に提供を開始する予定で、今回のベータ版は9月末まで使用できる。

トップ画面 不正プログラムの検知画面 不正サイトのブロック画面

 ウイルスバスター モバイル for Androidのトップ画面には、「不正プログラム対策」「Web脅威対策」「着信フィルタ/メールフィルタ」「セキュリティパスワード」「システムログ」のアイコンがある。

 基本機能となる不正プログラム対策では、端末にアプリをインストールする際に自動的にスキャンを行うほか、インストール済みのアプリを手動でスキャンすることで不正プログラムを検出可能。

 Web脅威対策では、トレンドマイクロのクラウドセキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network」を利用したウェブレピュテーションを搭載。不正プログラム配布サイトやフィッシングサイトなどの不正サイトへのアクセスをブロックする。このほか、有害コンテンツへのアクセスを制御するURLフィルタリングも備える。

 着信フィルタ/メールフィルタでは、ユーザーが設定した送信元からの電話着信およびSMSをブロックできる。設定方法はブラックリスト方式またはホワイトリスト方式から選べる。

 トレンドマイクロによると、Androidがスマートフォンの市場シェアを拡大している中で、不正プログラムなどの攻撃も急増しているという。特にAndroidは、ユーザーが多様なウェブサイトからファイルをダウンロードできるという特性から、不正プログラムの脅威が伴うことが懸念されると指摘。実際、2011年3月末時点の同社のパターンファイル登録数で見ると、スマートフォンに感染する不正プログラムのうち、Androidに感染するものはiOSに感染するものの約25倍以上に上るとしている。

 なお、ベータ版の機能は、製品版において機能が追加・変更される可能性があるとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2011/5/11 13:36