記事検索

ARで徒歩ルートを案内、Androidアプリ「Yahoo!ロコ 地図」バージョンアップ


ARによる徒歩ルート案内機能を搭載したAndroidアプリ「Yahoo!ロコ 地図」

 ヤフー株式会社は1日、Android端末向けの地図アプリ「Yahoo!ロコ 地図」の新バージョンを公開した。携帯電話キャリア各社のAndroid端末に対応しており、LYNX、Xperia、Galaxy-Sなど16機種で動作確認が行われている。

 「Yahoo!ロコ 地図」アプリの新バージョンでは、従来の自動車でのルート検索に加えて、徒歩移動でのルート検索に対応。横断歩道や歩道橋、駅構内などの屋内道路や地下通路などにも対応し、最短距離を表示することが可能。ルート案内中には、残り距離と時間がカウントダウン表示され、実際の移動速度に合わせてリアルタイムに更新される。

 また、搭載カメラを利用した「AR徒歩ルート案内」も搭載。カメラで撮影している現在地点の映像に、進行方向を示す矢印や次の案内ポイントなどをリアルタイムに重ねて表示することで、直感的にルートを確認できる。画面右下には現在地のサブマップも表示され、従来型のルート案内にも切り替えられる。

 ヤフーでは、携帯端末向けの地図サービスとして必要なナビゲーションを検討した結果、ARを採用したルート案内を搭載したと説明。画面上に表示される情報は、方向を示す矢印と次の案内ポイント、最終目的地のみというシンプルな内容となっており、これはルート案内という機能に必要なものに絞ったためだという。サービスの企画段階では、Yahoo!ロコの店舗情報などをARで表示するサービスも候補として挙がっており、今後はそうしたサービスも検討していきたいとしている。

徒歩ルート案内の画面 入力画面

関連情報


(三柳 英樹)

2011/8/1 12:57