記事検索

なぞって、囲って、スマホで送信〜紙の資料をデジタル化するマーカー


「KYBER SmartMarker」。5000文字をデジタルデータ化する料金込みで1980円

 株式会社オーリッドは2月2日、OCRと人力を併用したデジタルデータ化クラウドサービス「O-RID KYBER(オーリッドカイバー)」に対応した専用マーカー(蛍光ペン)「KYBER SmartMarker」をAmazon.co.jpで発売すると発表した。希望小売価格は1980円で2月8日に発売、5000文字までデジタル化できる。

 Android OS用とiOS用の専用アプリは2月2日から無料配信を開始する。また、発売記念キャンペーンとして、Amazon.co.jpの「KYBER SHOP」では期間限定でお試し価格980円で販売する。

 オーリッドは2011年9月に専用ノート「KYBER SmartNote」を発売。専用ノートには、デジタルデータ化する費用も含まれており、ノートを購入し、専用アプリをインストールしたスマートフォンでノートのQRコードを読み取ることで、データ化権をアクティベート。専用ノートに書き込んだ文字をスマートフォンの専用アプリから撮影して送るだけでテキストデータ化される。データ化したテキストは、メールで送れるほか、Evernote、Facebook、Twitter、mixiに送信できる。

 データ化にあたっては、OCR処理を行った後で、処理後のテキストを人間が目視確認する。その際、元画像とデータは数文字程度の細かいブロックに分けて、目視確認する多数のスタッフの端末にばらばらに送られるため、内容の漏えいもない仕組みとなっている。また、人がチェックする際にはダブルチェックを行い、複数の作業者が一致してOKを出すまで別の作業者に送られる仕組みで、データ化の精度が非常に高いのも特徴となっている。確認作業はオーリッドの本社のある大分と中国の拠点で行われる。

 今回の専用マーカーについては、専用ノート「KYBER SmartNote」を購入したユーザーからの要望で、マーカーでラインを引いたり囲むことで、手書き文字だけでなく、印刷した書類や紙媒体の必要な部分だけをデジタルデータ化できるように提供を開始するもの。

 専用マーカー「KYBER SmartMarker」にはQRコードの印刷されたカードが付属しており、このQRコードを専用アプリで読み取ることでアクティベーションする。1本のマーカーで5000文字までのデジタル化ができる。専用マーカーにはぺんてる株式会社の「Handy-LineS(ハンディラインエス)」が採用されている。

 なおオーリッドでは、今後万年筆のような高級版専用マーカーも販売開始する予定だ。

スマートフォンで「O-RID KYBER」のアプリを起動し、必要な文字にラインを引いたり囲んだりした紙を撮影 紙のフチとマーカー部分をアプリが自動認識する。プレビューで確認後、アップロード ほどなくデジタルデータ化される データ化したテキストは、メールで送れるほか、Evernote、Facebook、Twitter、mixiに送信できる



関連情報


(工藤 ひろえ)

2012/2/2 11:00