記事検索

Adobe Reader/Acrobat 9は来年6月にサポート終了、最新版への移行呼びかけ


 米Adobe Systemsは8日、「Adobe Reader 9」と「Acrobat 9」は約1年後の2013年6月にサポートを終了するとして、ユーザーに最新版への移行を呼びかけた。

 Adobeでは、製品のリリースから5年間をサポート期間と定めており、「Adobe Reader 9」と「Acrobat 9」のサポート期間は2013年6月26日に終了となる。

 サポート期間終了以降は、セキュリティ修正を含むすべてのアップデートが行われなくなる。このため、Adobeではユーザーに対して、最新版の「Adobe Reader X」または「Acrobat X」への移行を呼びかけている。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/6/11 17:55