記事検索

JINSが日本初のメガネ自動販売機、「JINS PC」が購入可能


 メガネブランド「JINS」を運営する株式会社ジェイアイエヌは25日、日本初の“メガネの自動販売機”となる「JINS Self Shop」を発表した。「ブルーライト」と呼ばれる光を低減し、目の負担を軽減するPCユーザー用メガネ「JINS PC」を7月2日から販売する。

 設置場所は、ららぽーとTOKYO BAY(千葉県船橋市)とイオンモール名取(宮城県名取市)の2カ所。今後はショッピングセンターなどの商業施設を中心に、全国で約50店舗以上の設置を目指す。

JINS Self Shop

 販売するのは度なしモデルのみで、JINS PC スクエア(全16色、3990円)、JINS PC ウエリントン(全8色、3990円)、JINS PC メタルスクエア(全4色、5990円)、JINS PC for Kids(全4色、3990円)の4種類。

 JINS Self Shopは、ZoomSystems Japan株式会社による自動型小売店舗システムを利用している。ネット接続で販売管理されたタッチパネル式のモニターにより商品を購入し、クレジットカードで決済を行う仕組み。

 ジェイアイエヌはこのほか、システムエンジニアやプログラマー、ゲーマーなど目を長時間酷使するユーザーを対象にしたJINS PCのプレミアムモデル「JINS PC for HACKERS」を8月1日に同社オンラインショップで発売する。1500本限定で、7月2日11時から先行予約を開始する。度なしモデルのみで9990円。

 JINS PC for HACKERSは、顔の形に沿うような1枚のワイドレンズとなっており、ブルーライトを全方向からカットするという。また、視界を遮らないようにするフレームや、長時間使い続けても疲れにくい鼻パッドなどを採用している。

JINS PC for HACKERS

関連情報


(増田 覚)

2012/6/25 14:02