ニュース

米PayPal“支払い方法の未来形”、「PayPal Beacon」を発表

〜2014年初頭にサービス開始

 米eBay子会社のPayPalは9日、財布、カード、スマートフォンに手を触れることなく、店舗に入るだけで支払いを完了できる新決済システム「PayPal Beacon」を発表した。

 具体的には、行きつけのカフェに入ると店員から名前で挨拶され、注文しなくてもいつもの商品がテーブルに置かれる。飲み終わると店員に挨拶をして店を出るだけで自動的に決済が完了している、というイメージだ。

 PayPal社長のDavid Marcus氏は「PayPalは口頭による確認を必要とするだけで、それで完了だ。財布も、カードもいらない。何も必要ない。電話に触れる必要すらない」と説明する。

 消費者はiOS用またはAndroid用のPayPalアプリをスマートフォンにインストールするだけだ。スマートフォンをポケットに入れてPayPal Beacon対応店舗に入ると、数ミリ秒以内に音またはバイブレーションで通知される。ユーザーはそこで店舗へのチェックインを許可するか、決済が発生した場合に確認を必要とするか、完全なハンズフリー決済をこの店舗で許可するかを選択する。

 PayPal Beaconは、店舗でレジに並び、クレジットカードを取り出し、スキャンし、サインして、カードを返してもらうという面倒な手間を完全になくすことができると強調している。

 店舗側に必要なのは、PayPal Beaconデバイスを店舗のコンセントに差し込むだけだ。PayPalと互換性のあるPOSシステムがあれば、自動的に両者は連動し、アップデートも自動的に行われるので、店舗側の負担はきわめて少ない。また、顧客の入店と同時に、登録してある名前がPOSシステムに表示されるので、店員は顧客の名前を把握し、顧客の名前を呼んで挨拶をすることもできる。店舗としてより良いもてなしを提供できることになる。

 PayPalはこの技術を実現するために、GPS、Wi-Fi、ジオフェンスなど様々な技術を検討したが、最終的に「Bluetooth Low Energy(BLE)」に落ち着いた。BLE採用によって、消費者はアプリを開く必要すらなく、GPSや携帯キャリアの電波状況が悪くても、使用できるという。

 また、PayPalではプライバシーを尊重するため、「ユーザーの位置情報を絶えず追跡するようなことはしない」としている。対応店舗にチェックインしないことを決めた場合、PayPalまたは店舗双方に一切情報は送信されないとしている。

 PayPal Beaconは今年第4四半期中にパイロットテストを開始し、2014年初頭にサービスを開始するとしている。

 現在、PayPal Beaconウェブサイトではこの技術を使った開発者によるアイディアを募集中だ。アイディアを認められた開発者100人に対して、PayPal Beaconサービス開始前に無料の開発バージョンAPIを使用できる機会を与えるという。

(青木 大我 taiga@scientist.com)