ニュース

2月1日〜3月18日は「サイバーセキュリティ月間」、政府が普及啓発活動を実施

 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、2月1日〜3月18日の「サイバーセキュリティ月間」に合わせて、「国民を守る情報セキュリティサイト」特設ページを開設。日替わりコラムの掲載や、全国の関連行事の紹介などを行っている。

 政府では2014年まで、2月の1カ月間を「情報セキュリティ月間」としていた。今年からはサイバーセキュリティに関する普及啓発強化のため、名称を変更して「サイバーセキュリティ月間」として、3月18日(3・18=サ・イバー)まで実施する。期間中は、府省庁対抗によるサイバーセキュリティ訓練、政府機関職員向けの勉強会のほか、サイバーセキュリティに関する専門家と一般市民の対話の場「サイバーセキュリティ・カフェ」や、全国各地で多数の関連行事を開催する。

 インターネット上では、特設サイトでのコラムや普及啓発アニメの掲載のほか、Yahoo!ニュースとの連携による意識調査などを実施。TwitterのNISC公式アカウントを通じて、期間中の関連行事や取り組みの紹介を行う。

サイバーセキュリティ月間のポスター

(三柳 英樹)