記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

Twitterのau公式アカでもめ事発生、たった4時間でも手遅れ ほか

【2009/10/19】

■ 朝日新聞の「天声人語」で「自分褒め」だと2chでの評価

 朝日新聞の朝刊1面の下部に掲載されている「天声人語」。日本人なら誰でも知っている、有名なコラムだ。ここに、日本新聞協会が募ったエッセーを紹介する形式で、新聞を褒める内容を掲載している。しかも、褒めるために対比しているのは、インターネットだ。「インターネットでは得られない情報が、伝える人と届ける人の誠意の集大成として新聞になる」という内容だ。あの天声人語で、新聞を持ち上げるために、ネットを腐らせる内容にするとは、目を疑うより仕方がない。2ちゃんねるでは関連のスレが4本立ち、天声人語で自分自身を褒めるようになったらおしまい、といった雰囲気で書き込みが蓄積されているところだ。

◇10月18日付の天声人語
http://www.asahi.com/paper/column20091018.html
◇2ちゃんねる
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1255918061/

めたるまん(山崎一幸)

■ Twitterのau公式アカでもめ事発生、たった4時間でも手遅れ

 Twitterにauが公式アカウントを開設している。19日開催の新商品発表会を実況して、Twitterユーザーの皆さんからの反応もリアルタイムで集めてしまおう、という意欲的試みのためだ。現在、「#au_official2009」というハッシュタグの利用をau側から提示していて、テーマに沿った発言のみが検索しやすくなっている。このハッシュタグ、16日に公式アカウントが開設された当初、auは「#au2009」とアナウンスしていた。しかし、これと全く同じハッシュタグを、ほかの会社が使うことを先行して宣言していたことで、Twitter界でちょっとしたもめ事に発展してしまった。重複の指摘はすぐさまauの担当者に伝わったものの、同じタグを利用継続すると宣言してしまったために、Twitterユーザーの中から翻意を促す強い抗議が多数、現れてしまった。「#antiauofficial」のハッシュタグを使って、抗議を書き込む皆さんもいる。およそ4時間後、「#au_official2009」への変更がau公式アカウントから伝えられた。企業として事前にアナウンスしていた内容を変更するには、短時間だったはずだが、このたった4時間ですでにもめ事はすっかりTwitter界に広まったあとだった。もめ事は、どういう結末になっても、関係した皆さんにはがっかりした感情を残してしまう。あのあと、つぶやきを非公開に切り替えたユーザーもいるようだ。

◇Twitterのau公式アカウント
http://twitter.com/au_official
◇auが発売する2009年秋冬モデルに関する記事
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20091019_322713.html
◇「#au_official2009」のリアルタイム結果
http://twitter.com/#search?q=%23au_official2009
◇「#au2009」のリアルタイム結果
http://twitter.com/#search?q=%23au2009
◇auが「#au2009」を継続利用することを宣言した投稿
http://twitter.com/au_official/status/4912509576
◇「#antiauofficial」のリアルタイム結果
http://twitter.com/#search?q=%23antiauofficial
◇auが「#au2009」から「#au_official2009」に変更することを宣言した投稿
http://twitter.com/au_official/status/4917510236

めたるまん(山崎一幸)

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.