最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【調査/検索】

Google、2002年の年間キーワードランキングを発表
〜日本は「2ちゃんねる」が1位

■URL
http://www.google.co.jp/press/zeitgeist2002.html
http://www.google.co.jp/press/zeitgeist/archive.html (過去のZeitgeist)

「2002 Year-End Google Zeitgeist」のページ。ランキング内の各項目をクリックすると検索結果が表示される
 米Googleは、検索サイト「Google」で2002年に検索されたキーワードのランキング「2002 Year-End Google Zeitgeist」を発表した。米国での検索動向に比べ、英・独・仏・日のランキングも掲載している。

 年間ランキングでは、2002年に検索が増加したキーワード・減少したキーワードについては20位までを、また著名人やブランド、地域、ニュース、映画などはカテゴリーごとに10位までを掲載している。

 「増加したキーワード」では、1位が「spiderman」(映画)、2位が「shakira」(ミュージシャン)、3位が「winter olympics」。以下「world cup」、「avril lavigne」(ミュージシャン)、「star wars」、「eminem」(ミュージシャン)、「american idol」(TV番組)、「morrowind」(ゲーム)、「warcraft 3」(ゲーム)までがベストテン。2002年にヒットした映画やミュージシャン、ゲームなどが目立つ結果となった。対照的なのは「減少したキーワード」で、1位が「nostradamus」、2位が「napster」、以下「world trade center」、「anthrax」、「osama bin laden」……と続く。これらは2001年の年間ランキングでは上位に登場していたキーワードが多く、Googleで検索されている事柄の時事性の高さを示す結果ともなっている。なおこれらは“増加した”“減少した”キーワードであり、“最も検索された”キーワードではないことに留意したい。

 各カテゴリーのランキングに加えて、サイトでは「2002 Year in Review Timeline」という、2002年の検索動向を時系列で振り返る年表的なコーナーを設置。ソルトレイク五輪やワールドカップ、ヨーロッパの洪水被害などの注目事項をグラフやGoogleのホリディロゴ(イベントなどに合わせて表示される特製ロゴ)でまとめ、楽しめる内容になっている。

 また2002年版では、英・仏・独・日の4カ国の年間データも合わせて掲載し、国ごとの違いが現れているのが興味深い。例えば「最も人気のあるキーワード」のカテゴリーでは、英国は「bbc」(放送局)、「big brother」(テレビ番組)、「easyjet」(航空)。仏は「sncf」(鉄道)、「meteo」(天気予報)、「anpe」(求人)。独では「Lastminute」(旅行)、「Ryanair」(航空)、「Aldi」(スーパー)。日本のランキングは「2ch」を筆頭に「壁紙」、「地図」、「翻訳」、「着メロ」と続き、他3国と比べるとランキング内にサービスや企業などの固有名詞が少ない傾向が見られた。なお日本の「女性」カテゴリーでは、1位の「乙葉」以下「市川由衣」、「井川遥」、「吉岡美穂」、「小池栄子」と、グラビアアイドル強し!という結果になった。

◎関連記事
米Googleが2001年の人気検索キーワードリストを発表〜1位は「ノストラダムス」

(2002/12/11)

[Reported by aoki-m@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.