最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【イベントレポート】

Internet Week 2002でgTLDレジストリ各社がアピール

ドメインは斜陽ビジネスではない

■URL
http://internetweek.jp/

 インターネットの構築・運用や研究・開発に携わる人の情報交換の場となるイベント「Internet Week 2002」が16日、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開幕した。主催の日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)をはじめ、日本インターネット技術計画委員会(JEPG/IP)や日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)などのインターネット関連団体や企業の参加・協賛により、20日までの5日間にわたって50テーマ以上に及ぶ会議やセミナー、懇親会などのプログラムが予定されている。

 初日となる16日にJPNIC主催で行なわれたプログラム「ドメイン名に関する最新動向」の中で、VeriSign Global Registry ServicesなどgTLDレジストリ3社がドメイン市場の現状と今後の見込みを説明。アジアでは今後もドメイン市場が伸びる可能性があることを強調した。

 VeriSign Global Registry ServicesのJeongjun Seo氏によれば、インターネットユーザー1人あたりのドメイン名登録数は英国で0.20件、米国で0.10件、ドイツで0.23件なのに対して、中国と日本は0.01件、韓国でも0.04件に過ぎないというデータを紹介。アジアにおけるドメインビジネスは「マーケット規模は小さいながらも成長の余地がある」として、今後も「新しい国際化ドメイン名(IDN)を提供するなりして拡大できる」と述べた。

 IDNはIETFにおいて近く標準化される予定となっており、すでに「.com」でIDNの登録サービスを提供している同社では、次世代アプリケーションやOSにおけるIDN対応をMicrosoftに求めていくとしている。また、2003年上期をめどに、アプリケーションベンダー各社に「IDN Trancecoding Libraries」をライセンス供与する予定だという。

(向かって右から)gTLDの概況を説明したPSI-JapanのDuane Connelly氏、AfiliasのRoland LaPlante氏、VeriSign Global Registry ServicesのJeongjun Seo氏、Global Name RegistryのAllan VanBuhler氏
 「.info」のレジストリであるAfiliasのRoland LaPlante氏は、「この1年、ドメインビジネスは斜陽ではないのか」との論調があることに対して、それは「.com」「.net」「.org」といった“レガシードメイン”についての話だと説明する。

 LaPlante氏によれば、2001年6月からの1年間で「.com」が7%(153万5,000件)、「.net」が18%(79万4,000件)、「.org」が17%(48万4,000件)減少しているのに対して、「.info」「.biz」「.name」といった新gTLDは順調に増加しており、すでに200万件に到達。ccTLDも1,000万件を超え、安定して成長しているという。新gTLDはドメイン空間全体から見ればまだ少ないが、「伸びている点が特筆に値する」。

 ただし、アジアのレジストラで登録された「.info」ドメインのうち、アジアのユーザーからの登録が50%に満たないことを指摘。この数値が米国では90%以上、欧州では65%以上であることを挙げ、新gTLDのICANN公認レジストラがアジアに少ないことや、ドメインビジネスのマーケティングがccTLDにフォーカスしていることがネックになっていると説明した。

 Global Name RegistryのAllan VanBuhler氏は、同社がレジストリ業務を行なう「.name」によって、世界で500万件以上のコンシューマー向け市場が期待できると説明する。従来のgTLDは90%がビジネス目的で取得されており、コンシューマーの利用目的で大きな部分を占めるメールアドレス用に「自分の名前を使えない状況」があるためである。

 同社では「.name」で、サードレベルまで含めたドメイン名とメールアドレスを組み合わせたサービス(例えば「steve.brown.name」と「steve@brown.name」)のホールセール事業を展開しており、こういったドメインビジネスが「ISPにとっても新たな収益源になる」とアピール。IDNについても、標準化が済めば対応していくとしており、アジアでのサービス拡大に意欲を見せた。

 Internet Week 2002の一環として、18日からはIPv6をテーマとした国際会議「Global IPv6 Summit in Japan 2002」、19日からは日本インターネット協会(IAJapan)による「IAJapanエグゼクティブフォーラム」がスタート。期間中、合わせて約9,000名の参加が見込まれている。各プログラムへの事前申し込みはすでに終了しているが、一部を除いて空席が残っており、当日の参加も受け付けている。

(2002/12/16)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.