最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【イベントレポート】

JNSAセキュリティセミナー、ホットスポットでのVPN利用について解説

■URL
http://www.jnsa.org/
http://internetweek.jp/

 「Internet Week 2002」では、「JNSAセキュリティセミナー in IW2002」が開催され、シスコシステムズの大和敏彦氏がホットスポットでのVPN接続について講演を行なった。

 現在、公衆無線LANサービスは通信事業者などがサービス提供しているもののほか、ホテルや店舗などで独自にアクセスポイントを設置していることもあり、利用場所が広がっている。これを有効に利用すれば、ビジネスマンにとって時間やコストの削減ができるという。

 ホットスポットで仕事するためには、そこから社内のリソースに対してセキュアなアクセスをする必要が出てくる。広く普及しているWEPは、40bitのWEPキーでは、ある調査によると英数字でキーを設定した場合で21.3分で破ることができるという。また、WEPキーはそもそもアクセスポイントごとに共通なので、暗号キーの入手は難しくないという点も指摘した。

 そのため、ホットスポットなどから、社内リソースにアクセスする場合には、セキュアなアクセスができる必要があり、大和氏は、このような点を考慮するとVPNを使うことが望ましいとした。

 JNSAでは、各事業者が提供中の公衆無線LANサービスがワークスペースとして適しているか独自に調査を行なったという。この調査ではVPNとしてIPsecを使用、大和氏は公衆無線LANアクセスポイントでIPsecを使用する場合の問題点として、NATに関すること、IPアドレスに関すること、フラグメントに関する問題などがあるとした。

 公衆無線LANサービスでは、プライベートIPアドレスで提供されることが多い。IPアドレスを変換するNATによりVPNが通らないことや、無線LANサービスで提供されるプライベートIPアドレスと、自分がアクセスしようとする企業内ネットのプライベートIPアドレスが重複してしまうといった問題が起こるという。

 フラグメントの問題は、IPアドレスの問題のように、すぐにわからない問題とされた。IPsecは元のパケットに対して暗号化処理を行なうためにパケット長が長くなる。このため、元のパケット長によっては、パケット長の制限を受けてフラグメントがされるために通信が途絶えるのだという。

 また、こういったネットワーク以外の問題として、机と椅子の用意がない公衆無線LANサービスも存在する点を挙げた。このような場所ではワークスペースとならないという。また、JNSAの調査を行なった際に店内でパソコンを広げていると“怪しい人物”と見られた逸話を披露し、アクセスポイント設置店のスタッフの理解も無線LANを使って仕事をする場合には必要だとした。

(2002/12/17)

[Reported by 正田 拓也]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.