最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【サービス】

NTT東西、フレッツユーザー向けIP電話対応端末を2003年3月より提供

■URL
http://www.ntt-east.co.jp/release/0212/021220.html

 NTT東日本およびNTT西日本は、フレッツ・ADSL、Bフレッツのユーザーを対象に、IP電話対応端末を2003年3月より提供開始すると発表した。これはプロバイダー各社が発表しているIP電話サービスに対応するもので、VoIP機能搭載のTAやVoIP機能内蔵モデムなど、複数タイプの端末を予定しているという。

 今回の発表は、ブロードバンドの急速な普及によってブロードバンド回線をインターネットだけではなく、IP電話サービスにも利用したいというユーザーのニーズに応えるとともに、ADSLサービスにおけるモデム提供のような形式でVoIP端末を提供することで、より簡単かつ便利にIP電話サービスを利用してもらうことを狙いとしている。サービスの対象はフレッツ・ADSLまたはBフレッツのユーザーで、フレッツ・ISDNのユーザーは対象外。VoIP機能を搭載したモデムやTAを利用することで、一般加入電話機からIP電話サービスが利用できる。プロトコルはSIP(Session Initiation Protocol)を採用、端末は複数のモデルを用意する予定。無線LANについても具体的な話があるわけではないが、対応端末の可能性はあるという。

 今回の発表ではIP電話サービスそのものはプロバイダーが実施、NTT東西は対応機器を提供する立場にとどまる。そのためIP電話サービスの通話料金などは対応プロバイダーに依存するという。端末の提供方法はレンタル、買い取りの提供を予定しているが、フレッツユーザーの8割以上はモデムレンタルを選択しているという実情からも、より基本的な機能を持つ端末ほどレンタルで提供する方向だ。端末の技術情報はプロバイダーに別途開示する予定であり、NTT東西の端末によるサービスを検討するプロバイダーには個別に話を進めていく。機器の価格、詳細などは未定で、提供条件などが確定次第告知される予定という。


NTT東日本・河辺候一サービス開発部長

 すでにIP電話の試験サービスを発表しているプロバイダー各社はVoIP機能搭載端末を用意しており、今回の発表によって端末の提供方法に選択肢が1つ増えることになる。これについてNTT東日本の河辺候一サービス開発部長は、「各プロバイダーがすでに用意している端末の提供方法を引き剥がすつもりではなく、あくまでフレッツシリーズでもVoIP端末を用意するというスタンス」であり、決定権はプロバイダーにあるとした。また、異なる端末間での接続性については「保証はないが、SIP対応だから大丈夫だろう」という見解を示したのち、「きちんとした技術的な共通項を作っていく必要がある」とコメントした。

 IP電話サービスはプロバイダー各社が実施、NTT東西は端末を提供するというスタンスについては「県間接続ができない状態では、フレッツ・シリーズとしてIP電話を提供することは不可能」という事情を説明。総務省へ申請しているフレッツサービスの広域化が認められた場合については「実際に認められている訳ではないから言いにくい」と前置きした上で、技術的にはフレッツシリーズのサービスとしてIP電話サービスを提供することは十分に可能であると語った。

 また、IP電話サービスが一般加入電話のサービスに悪影響を及ぼすのではないかという質問には「今回のサービスはあくまでフレッツの世界の話であり、一般加入電話をIP電話に置き換えるものではない」という点を強調。回線事業者としてIP電話を利用したいというニーズに応えるものだとした。ただし、結果として一般加入電話がIP電話に置き換わるのではないかという心配もあるにはあるという。

 対応プロバイダーについては「一部とは話を進めている」ものの、公式的には今回の発表が正式な告知であり、今後様々なプロバイダーと話を進めていくという。すでに話を進めているプロバイダーでは、「できることなら端末はNTT東西で提供してほしい」と前向きな意見も聞かれているという。

◎関連記事
総務省、地域IP網の県間接続を認可する方向で検討へ
NTT東西、フレッツのサービスを広域化して県間接続可能に (Broadband Watch)

(2002/12/20)

[Reported by 甲斐 祐樹]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.