最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【買収】

米Yahoo!が検索エンジンのInktomiを買収へ

■URL
http://docs.yahoo.com/docs/pr/release1050.html

 米Yahoo!とInktomiは23日、Yahoo!がInktomiを買収することで最終的な合意に達したことを発表した。Yahoo!はInktomiを1株当たり1.65ドルの現金で買収し、買収総額はInktomiの今年12月31日時点の予測される現金と債務に照らし合わせて調整されたうえで、総額2億3,500万ドルに達する見込みである。この取引は2003年第1四半期までに終了する予定だが、今後Inktomiの株主や当局の承認を得なければならない。

 Inktomiは、最近Verity社に対し企業向けの検索ビジネスを2,500万ドルで売却し、Web検索ビジネスに集中することを明らかにしたばかりだった。

 この買収についてYahoo!の会長兼CEO・Terry Semel氏は、Yahoo!がWebで最高のサーチソリューションを提供する目標を保持している事を指摘した上で「Inktomiのサーチプラットフォームを加えることで、この重要なビジネスをコントロールし、フレキシビリティーを持たせ、コンシューマーやビジネス双方に新しい、より革新的なサーチサービスを創造できる能力をもたらすことになる」とコメントした。

 Inktomiは1996年に設立され、90年代後半にはサーチエンジンとして最も信頼される企業の一つだった。その提携企業には、America Online(AOL)、Excite@Home、RealNetworks、iWonなどの大企業が含まれていた。今回買収を発表したYahoo!も、Inktomiの検索技術を使用していた。しかし、Googleが徐々にInktomiから顧客を奪い、AOL、iWon、そしてYahoo!もInktomiとの提携からGoogleへと切り替えた。

 Yahoo!は、Googleと提携することにより同社のディレクトリとGoogleの検索結果を統合し、多くの利用者に満足を与えてきた。Googleもまた、多くの利用者を持つYahoo!を通してGoogleのサーチサービスを提供でき、双方にとって利益を享受した。しかしながらGoogleのインターネット上での支配力が増すにつれて、Yahoo!の存在感が薄れてきたこともまた事実である。実際、Yahoo!の多くの利用者はYahoo!の的確な検索結果が実はGoogleによるものだということを知らずに利用しているが、そのことはYahoo!のビジネスがGoogleに依存し始めていることを象徴しているかのようだ。

 最近になってThe New York Times紙の著名なテクノロジー担当記者John Markoff氏は「Googleがインターネット経済を実質的に支配している」との内容の記事を掲載し、話題を呼んだ。こうした流れのなかでYahoo!とGoogleとの関係も蜜月ではないとの噂がささやかれ始めた。実際、今年になってYahoo!とGoogleとの提携契約が更新時期を迎えることになり、Yahoo!は他社と提携するのではないかとの噂が流れた。実際どのような交渉が行なわれたかは明らかになっていないが、一時期Yahoo!の検索結果に表示される「Powered by Google」の表記や表示位置が変更されるなど、こうした噂を裏付けるかのような出来事もあった。それでもYahoo!は現在もGoogleを使用している。Yahoo!がGoogleとの契約を更新したとの報道もなされているが、Yahoo!はこのことを公の場では発表しておらず、Googleとの契約がいつまで継続されるのかも明らかになっていない。今回のInktomi買収の発表でもGoogleとの将来的な関係については触れられなかった。

 今回Yahoo!の会長兼CEOであるTerry Semel氏が述べた「サーチビジネスをコントロールしてフレキシビリティーを持たせる」とのコメントは、Yahoo!が独自のアルゴリズムによる検索技術を持つことにより、インターネット上での立場を強化するための戦略と願望、そして現在インターネットで支配的な立場にあるサーチエンジンであるGoogleとの交渉を有利に進めるための“保険”であるとの見方をすることもできるだろう。

(2002/12/24)

[Reported by 青木 大我 (taiga@scientist.com)]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2002 Impress Corporation All rights reserved.