最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【P2P/実証実験】

スカイリー、ワイヤレスP2P事業展開で内田洋行と提携
〜東京・三鷹の書店で実証実験を予定

■URL
http://www.skyley.com/news/release030127.html
http://www.skyley.com/news/release030127.2.0.html

 株式会社スカイリー・ネットワークスは、ワイヤレスP2P技術を利用したネットワーク事業の拡大に向けて株式会社内田洋行と提携した。また、ワイヤレスP2P技術の基盤ソフト「DECENTRA」のバージョンアップも発表された。

 今回の提携で、スカイリーの持つ技術を内田洋行の製品に組み込み拡販を目指す。スカイリーの梅田英和CEOによると、技術者の交流はすでに始まっており、次世代DECENTRAの共同開発やサポートなどを行なっていくという。両社では、企業向けだけでなく、教育現場や博物館、図書館などへのワイヤレスP2P技術を使ったアプリケーションの開発を進めいる。

 また、「DECENTRA 2.0」もリリースされた。今回のメジャーバージョンアップにより、暗号化通信のサポート、大容量データの送受信時における誤り訂正機能が追加されたほか、SDKレベルでのルーティングプロトコル関連パラメータの設定が可能になった。

 暗号化通信では、TripleDESを採用し、パケットそのものを暗号化するようになった。このため、電波を傍受される危険性があったワイヤレスP2P通信のセキュリティが向上した。

 大容量データのサポートでは、DTP(DECENTRA Transport Protocol)と呼ばれる技術を実装した。従来のDECENTRAでは、大容量データの送信時にパケットを受け取り損なうと通信が終了してしまった。2002年9月に行なわれた「防災の日」での実証実験では、パケットロスが発生すると、送信した現場写真のデータが無事に届いたかどうかを確認することができなかっただけでなく、受信側でもデータが送られてきたことがわからなかったので混乱したという。

●書店の本棚に近づくと書評データが送られてくる実験を予定

第九書房

 2月25日から27日までの3日間(13時30分から15時30分まで)、東京・三鷹の第九書房において、ワイヤレスP2P技術の実証実験が実施される。希望するユーザーにWindows CE機を貸し出し、本棚の裏には乾電池で動作するLinuxベースの小型アクセスポイントを設置。ユーザーが本棚に近づくと、自動的に端末に対して売れ筋書籍の書評データなどを配信する。

 また、パイオニア製プラズマディスプレイとPDAの間でも通信実験を行なう。ユーザーがディスプレイに近づくと、ユーザー名の名前が付けられたフォルダが画面上に出現し、書籍の一部分など各種データを指でドラッグ&ドロップすることで端末に転送される仕組みだ。ユーザーがデータ転送の終了を待たずに、ディスプレイの電波範囲から出てしまった場合でも、マルチホップ機能により他のユーザーの端末を経由することでデータが転送されてくる。

 このように取得されたデータは、ユーザーの端末間でも交換可能で、口コミ的なデータの展開が期待される。なお、実験には誰でも参加できるので、興味のある読者の方はぜひ体験してもらいたい。

実験の構成図

◎関連記事
レスキューナウ、防災訓練で災害時緊急用ネットワーク構築システムを稼動
ワイヤレスP2Pの利用方法は、まだ模索の段階〜スカイリー・ネットワークス

(2003/1/28)

[Reported by okada-d@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.