最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【イベントレポート】

「活力自治体フェア2003」で展示

FTTH世帯普及率100%の村で活躍する
牛の監視ロボット

■URL
http://www.vill.nishiokoppe.hokkaido.jp/
http://www.jij.co.jp/event/jichi/index.html

 千葉県千葉市の幕張メッセで開催中のイベント「活力自治体フェア2003」に北海道西興部村が出展し、光ファイバーによる情報通信インフラの整備事業を紹介している。全世帯に配布されている情報端末機器が展示されているほか、このインフラを活用した酪農家向けの遠隔牛舎監視ロボットなどのデモンストレーションも行なわれている。

 西興部村は北海道の北東部、オホーツク海沿岸のやや内陸部に位置する人口1,300人ほどの村。全国の自治体として初めて、全戸にFTTHを構築したことでも知られている。農林水産省の「田園マルチメディアモデル整備事業」として1999年度から着手し、インフラ面がほぼ整った2002年春からFTTHを利用した住民向けサービスの運用を開始した。

 FTTHで結ばれているのは、一般家庭や公共施設など村内の全戸650カ所。光終端装置やCATVチューナー、セットトップボックスが配布されており、多チャンネル放送や地域コンテンツのオンデマンド映像配信、インターネット接続などが住民サービスとして無料で受けられる。それまでは「ダイヤルアップのアクセスポイントもなく、ネット利用世帯は30件もなかったのではないか」(西興部村「マルチメディア館IT夢」調査情報係長の日下忠之氏)という同村が、FTTHで今ではネット世帯普及率が100%になったわけだ。

各戸に設置されている端末機器一式。(ラック内下から順に)通信系と放送系の光ファイバー終端装置2台、CATVチューナー、セットトップボックス、音声放送の受信機(ラック内右側)と切替器

 これらに加えて、64世帯にはテレビ電話システムを併用した健康相談や血圧診断などの高齢者福祉サービスを提供。また、村内に18件ある酪農家に対しては牛舎監視ロボットを使った遠隔監視システムも提供されている。

 このロボットは高さ1メートルほどの牛柄の円柱状の形状で、透明なドーム型の頭部にWebカメラ、胸部にライトとマイクを内蔵しており、Webブラウザー上からカメラの向きやズームアップ、ライト点灯などの操作が行なえる仕組みだ。これまで出産間近な牛を抱えている酪農家では、夜でも1時間おきに離れた場所にある牛舎まで出向くか、冬でも泊まり込まなければならないなど、負担が大きかったという。これにより、自宅や外出先からいつでも牛舎の様子を確認できるようになったとしている。

 このほか西興部村では、FTTH網の拠点ともなっているマルチメディアの体験施設を建設したり、学校間のネットワーク交流やパソコン教室も展開。今回の補助事業の目的である「農業振興地域における住民の生活改善」が着実に進められていると言える。

 ただし、今のところFTTHを活用して展開されているサービスはこれらに限られており、補助事業も今年度で完結する。先進的な情報通信インフラといくつかのアプリケーション/サービスは実現したものの、「生活とネットを結びつけるアプリケーションがまだ存在しない。社会全体として(生活にITを活用しようという)うねりが来ないと、さらなる活用は難しい」(日下氏)。自治体としてできることには限界があるのも事実のようだ。

 西興部村のFTTH整備事業の総事業費は約17億円。このうち13億7,000万円が補助対象事業となり、60%が国から、15%が北海道からの補助となる。今後の運用コストは、職員の人件費なども含めると年間6,000万円程度になるのではないかとしている。

ロボットとはいっても自走式ではないため、監視したい場所までは人間が押していく必要がある。電源のみ有線で、牛舎内の通信は無線LANで行なう(左)。 IDとパスワードがあれば、インターネット上からアクセス可能。オプションで牛舎内の空調や照明のコントロールも可能だ(右)。三菱電機システムサービスの「牛舎番頭」というシステムを使っている

 活力自治体フェア2003は、電子自治体推進フォーラム、日本工業新聞社など4社の主催により31日まで開催されており、入場は無料。CATV網を活用した電子自治体の構築に取り組んだ京都府園部町やITを活用した街づくりを進める東京都三鷹市などの自治体のほか、電子自治体向けのシステムやサービスを展開するITベンダーなど102社/団体が出展している。

(2003/1/29)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.