最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【イベントレポート】

Ethernet PONでFTTHを低価格化
三菱電機が業界最小の終端装置を開発

■URL
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2003/0213-z.htm

 三菱電機は、従来よりも低コストで構築できる「Ethernet PON」によるFTTHシステムを開発した。13日、アナリストや報道関係者を対象とした開発成果披露会が神奈川県鎌倉市にある同社の情報技術総合研究所で開催され、その概要が紹介された。

 PON(Passive Optical Network)自体は、Bフレッツのニューファミリータイプでもすでに取り入れられている方式。局から加入者宅までの間にスプリッターを設置することで光ファイバーを分岐し、一部の区間を複数の加入者で共用することで加入者あたりのコストを低く抑えられるのがメリットだ。

 三菱電機が開発したシステムはその名の通り、PONシステムでEthernetフレームを透過転送するようにした製品である。これをATMで行なう方式のシステムよりも終端装置を小さくでき、コストも抑えられるという。

 もちろん、専用線サービスなどATMのほうが有効な用途もあるが、同社では、日本のFTTHではベストエフォートのインターネット接続がメインになるだろうと判断。仕組みが単純で機器コストを抑えられるEthernetを採用し、結果として従来製品の約半分の大きさ/重さで業界最小の終端装置を実現した。

 PON方式ではその一方で、回線距離の異なる複数の加入者のトラフィックを多重化するため、特に上り方向についてはタイミング補正などのアクセス制御が複雑になり、逆にネットワーク構成の制約になる場合もあったという。

 これに対してEthernet PONでは、局側装置から各加入者の終端装置に対して順番に送信許可を与えていくことでEthernetフレームの衝突を避けるというポーリング方式を採用。1回の最大伝送時間を加入者ごとに局側から個別設定することも可能で、最低帯域保証サービスも提供できる。同社では今後、VoIPやストリーミングの普及により、帯域保証がFTTHシステムに必要不可欠な機能になると見ているという。

写真左の手前にあるのが加入者宅の終端装置で、右奥に見えるのがスプリッター。スプリッターは無給電で稼働し、実際の製品はこの半分程度の大きさになるという。局側装置はモジュール1枚につき32回線/最大256回線収容可能だ。ADSL単体モデム程度の大きさの加入者宅終端装置の内部(写真右)

 開発成果披露会は、「数年後に製品になっていく」(野間口有代表取締役社長)という最新のコア技術の紹介を目的としたイベント。世界最長距離の87kmで成功した量子暗号通信システムやギガビットイーサネットのワイアレートを達成したというIPSEC対応のVPN装置、高速ルーター間を接続するための40Gbps光送受信機など20以上の技術が展示されたが、その中にあってEthernet PONシステムはすでに製品にも投入済みで、電力系通信事業者を中心に営業をかけているとしている。

1Gbpsのワイアレートを達成したというIPSEC対応VPN装置「Cryptopia1000」(写真左) と、毎秒1,800万パケットのIPプロトコル処理を実現したというPacket Over SONET準拠10Gbps回線インターフェースカード(写真右)

(2003/2/13)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.