最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【サービス/回線】

「@niftyフォン」正式サービス。多数のADSLキャリア、Bフレッツに対応

■URL
http://www.nifty.com/phone/

@niftyフォンのサイト
 @niftyは、IP電話サービス「@niftyフォン」の正式サービスを3月1日から開始する。月額料金は280円で、一般加入電話は全国一律3分8円、会員間は無料で通話できる。サービスの対象はADSLユーザーに加えてBフレッツユーザーも含まれ、NTT東西が提供予定のIP電話対応端末にも対応するという。

 @niftyフォンはOCN、So-netと共同で2002年12月より試験サービスを開始しており、OCNはすでに「OCN.Phone」の正式サービスを発表している。@niftyフォンは通話料金などはOCNと同様に全国一律3分8円、アメリカへの通話は1分9円からで、@niftyフォンのユーザーに加え、OCNの「OCN.Phone」、So-netの「So-netフォン」、@niftyの「@niftyフォン」、BIGLOBEの「NTTコミュニケーションズ IP-Phone for BIGLOBE」、Panasonic hi-hoの「hi-hoでんわ-C」それぞれのユーザーとも「050」番号を利用して無料で通話可能。携帯電話・PHSや110、119といった特別番号への通話は一般の電話回線に迂回される。ただし、月額料金はOCNの380円に比べて280円と100円安く、対象ユーザーや提供機器といったサービスの詳細はOCNとは大きく異なっている。

 @niftyフォン試験サービス時の対象ユーザーは、アッカ・ネットワークス、イー・アクセス、フレッツ・ADSLの8Mタイプまたは12Mタイプで電話を共有するタイプ1を利用するユーザーのみに限定されていた。正式サービスからはT-com、TNCのADSL 8Mタイプまたは12Mタイプのユーザー(ともにタイプ1)、Bフレッツ 全タイプのユーザー、フレッツ・ADSL 1.5Mタイプのユーザーも@niftyフォンを利用できる。

 @niftyフォンの利用には初期登録料として500円が必要。また、登録月は月額料金280円が無料で利用できる。機器レンタル料はユーザーが加入する回線によって異なり、モデム一体型を提供するアッカでは月額780円、別途モデムが必要なTAを提供するイー・アクセスではモデムレンタル料に加えて280円。T-comとTNCは3月下旬以降機器を提供する予定で、料金など詳細は現在のところ未定となっている。なお、アッカ、T-com、TNCの既存ユーザーの場合、機器の交換手数料として3,000円が別途必要になる。

 フレッツ・ADSLおよびBフレッツのユーザーに関しては、NTT東西が3月から提供予定のIP電話対応端末が提供される。現段階では提供時期や料金などの詳細が発表されておらず、NTT東西の発表を待ってサービスの詳細が決定されるという。また、試験サービスでTAを利用しているユーザーは月額料金380円でそのまま利用できるほか、NTT東西の端末が発表された際に手数料などの必要なく変更できる。ただし正式サービスから新規に申し込むユーザーはTAを選択することはできない。なお、フレッツ・ADSLユーザーについては現在のところタイプ1ユーザーに限定することはないというが、これもNTT東西の正式発表次第で変更になる可能性があるとしている。

 @niftyフォンの申し込みは2月22日より開始、Webからの申し込みは2月26日より専用サイトで受付を開始する。サービス開始にあたって“「@niftyフォン」スタート! キャンペーン”も実施され、3月31日までに申し込んだユーザーは初期登録費用500円、6カ月間の月額料金、アッカユーザーなどが必要となる対応機器への交換手数料3,000円が無料になるほか、登録月は国内通話を無料で利用できる。このキャンペーンは試験サービスから利用しているモニターも適用される。

◎関連記事
NTT Com、IP電話試験サービスの相互接続を1月29日より開始

(2003/2/13)

[Reported by 甲斐 祐樹]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.