最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【イベントレポート】

VoIP推進協議会講演「IP電話を利用した新しいビジネスと課題」

■URL
http://www.ric.co.jp/expo/ip2003/
http://www.telesa.or.jp/voip/

VoIP推進協議会の大庭雅敦品質WG主査

 IP.net JAPAN 2003のコンファレンス「IP電話市場の最新トレンド」では、VoIP推進協議会の品質WG主査を務める三菱電機情報ネットワークの大庭雅敦電話サービス部長が、「050ビジネス −IP電話を利用した新しいビジネスと課題−」と題して講演を行なった。

 VoIP推進協議会は2001年4月23日に設立され、年に4回開催される全体会合、月1回の企画会議を中心とし、具体的な検討事項についてはワーキンググループ(WG)を設けて活動を進めている。現在のところはVoIPの品質における課題を検討する品質WG、VoIP機器の相互接続性を検討する相互接続WGといったWGを設置しており、そのほか必要な課題の解決にはアドホック検討WGを設けて活動している。

 講演を行なった大庭氏が主査を務める品質WGでは、さらにテーマごとにサブワーキンググループ(SWG)を設置している。「IP電話の総合品質とIP電話番号取得のためのガイドライン作成SWG」では、2002年9月にガイドラインを策定。第一種電気通信事業者とは違い、総務省への申請手続きなどに不慣れな第二種電気通信事業者を対象とし、申請書のひな型というレベルから細かく品質基準や手続きについて解説しており、事業者からも高い評価を得ているという。このSWGは2002年10月に活動を終了、て2002年11月には「ネットワーク相互接続SWG」を設置し、VoIPネットワークを相互接続する際の技術的問題や制度的問題について検討を重ねている。

 IP電話サービスの今後の展望について大庭氏は、2003年1月に総務省委託調査として実施したIP電話の動向に関するアンケート結果を紹介した。この調査はVoIP推進協議会に参加する企業のうち、通信事業者、機器メーカーなどを中心とした70社を対象として実施されたもので、講演で紹介する資料は4月の全体会議で発表予定の資料から抜粋した速報値だという。この調査では2004年度におけるIP電話関連ビジネスの全売上高は約2.8倍まで伸びると予測されており、中でもIP電話サービス自体は約6倍近い伸びを期待されているという。大庭氏は情報通信ネットワーク産業協会が行なったVoIP機器市場の中期予測を紹介、この調査でも2年後に3.1倍の伸びを予測していることから、「IP電話ビジネスは業界全体が期待している分野である」と位置づけた。

050ビジネスの課題

 また、総務省がIP電話サービス用に付与する「050」番号については、「(将来的には)一般加入電話から着信できることが大きな特徴だ」と説明。また、「050」番号をダイヤルインとして利用することで、人事異動などによる部署移動でも同一の番号で使える点や、公衆無線LANサービスで利用するIP電話サービスなどを紹介し、「今までになかった新たな電話ビジネスが創設できる」とした。

 しかしながら「050」番号を利用したIP電話サービスにも様々な課題があるという。国内一律で通話できる料金制度は現在のIP電話サービスのメリットの1つだが、これを実現するためには都道府県を中心として全国約50カ所に用意されたNTTのZC(ゾーンセンター)へ接続するネットワークを自前で構築する必要がある。もちろん1カ所のZCに接続するだけでも一般加入電話への通話サービスは提供できるものの、遠距離への通話にはNTTの接続料が発生するため、全国一律料金制というサービスが難しくなるという。

 また、自前でIP電話網を構築、一般加入電話についてはすでにNTTのZCへのネットワークを構築している他社のIP電話ネットワークに接続するという方法も考えられるが、大庭氏はコスト面ではメリットが大きい一方で、接続すべきIP電話網がオープンでなければならない、NTT交換網への接続料の清算方法が確立されなければならないという問題点を指摘した。その点では再販されるIP電話サービスを利用するのが一番手軽ではあるが、こちらもVoIPネットワークを持つ事業者の判断に左右される側面があると指摘した。

 VoIP推進協議会が今後取り組んでいく課題としては、「第一種電気通信事業者との相互接続協議」が第1の優先事項として挙げられるという。また、IP電話の品質基準となるR値の測定方法、ユーザーへの品質表示方法の具体化なども取り組みつつ、IP電話サービスのビジネスモデルのビジョン策定なども行なっていくとした。

(2003/2/26)

[Reported by 甲斐 祐樹]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.