最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【イベントレポート】

“CATVインターネット=ブロードバンド”という認知向上が急務
@NetHome展示会講演より

■URL
http://www.jp.home.com/

アットネットホームの廣瀬社長
 アットネットホームが主催したイベント「@NetHomeビジネスカンファレンス2003」では、講演もいくつか行なわれた。

 アットネットホーム代表取締役社長の廣瀬禎彦氏は、「@NetHomeの今後の戦略」とのテーマで講演を行なった。廣瀬氏は「ブロードバンド接続を行なう事業者のなかで、放送に深く関わっているのはCATVだけだし、e-Japan構想などで求められている“地方の視点”を持っているのも、ブロードバンド事業者ではCATVだけだ。またCATVは初期から地上波と異なる展開だったため、コンテンツと配信(CATV局)が分離している、水平統合型のビジネスをずっと展開している。インターネットにおいても、コンテンツ配信などでこうした特性を活かすことができる」と発言。CATVならではの利点を強調した。また「いくら配信や回線の技術があっても、コンテンツがないとダメともいえ、そういう意味ではCATVには10年、20年の長があると考えている」と述べ、今後も新たなサービスや技術に積極的に取り組む姿勢を表明した。

 一方、異色の内容だったのが、「ブロードバンド LOVES ケーブルインターネット」事務局の藤田智弥氏による活動報告だ。

 同事務局は2002年3月に行なった調査で「CATVインターネットへの認知は高いものの、ブロードバンド=ADSLという風潮になりつつあり、CATVインターネットがブロードバンドであるとの認識がなされていない」との結果を得たことから、認知を高めるために結成されたもの。専用サイトを設置し、「エキサイト」などポータルサイトを通じた告知を行なうほか、各地のCATV局などと連携して、「CATV=ブロードバンド」という認識を高めるための活動を展開していた。

 活動では、参加したCATV局が70局を突破、また専用サイトが占いコンテンツ「ミャーミャー占い」などで人気を得て、月間100万PVを得るなど、順調に進んできていた。しかし、今年2月に再び調査を行なったところ、1年前に比べて“CATVインターネット=ブロードバンド”という認知がさらに減っているという結果が出たという。2002年には光接続が注目されたことが背景にあるというが、同事務局にとっては不本意な結果。藤田氏は「CATVインターネットを巡る環境は厳しく、全国のCATV事業者がまとまって戦う必要がある」と呼びかけた。

ブロードバンドLOVESケーブルインターネット事務局の藤田氏 “ブロードバンド=ADSL”と捉える人が8割を超えるという調査結果

(2003/3/11)

[Reported by aoki-m@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.