最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【プロバイダー】

JR東日本と日本テレコムの駅無線ネット、J-スカイユーザーにワンデイID発行

■URL
http://www.jreast.co.jp/musenlan/
http://www.japan-telecom.co.jp/newsrelease/2003/apr/nr030416_fs.html

 JR東日本と日本テレコムは16日、共同で展開している「無線による、駅でのインターネット接続実験」において、J-スカイユーザー向けの「1DAY-ID/パスワード」発行サービスの試験提供を5月中旬にも開始すると発表した。携帯電話からその場で取得でき、無線LANによるインターネット接続サービスが利用できる。利用は無料。

 駅でのインターネット接続実験ではこれまで、あらかじめモニター登録した提携ISPの会員が、ISPのIDを使って接続できる仕組みが用意されていた。しかし、「事前の申し込みなしに利用したい」という要望があることや、ISPの加入者以外でも利用できるようにするため、今回のサービスを提供することにしたという。

 J-スカイの公式メニューとして、「駅で無線LAN体験」というページを用意(アクセス先は、「Jフォンメニュー」→「J-スカイメイン」→「辞書・実用・more」→「more」→「J-STYLE」→「駅で無線LAN体験」)。ここにアクセスして「1DAY-ID/PW発行」メニューを選択するだけで、すぐにIDとパスワードが発行されるとともに、ESS-IDとWEPキーも表示されるようになっている。あとは提携ISPのモニター登録ユーザーと同様、無線LAN対応のノートPCなどにESS-IDとWEPキーを設定し、ログインページでIDとパスワードを入力することで接続可能だ。

 発行されたIDとパスワードは翌午前3時まで有効で、実験エリアとなっているどの駅でも利用可能だ。同じ携帯電話からであれば、同日中なら何度取得しても同じIDとパスワードが発行され、日にちが変われば同じ携帯電話であっても異なるIDとパスワードとなる。有効期限を1日単位としたのは将来のビジネス展開を見据えたものだが、他にも時間単位や月単位も考えられるとしており、実験を通じて課金体系を検討する。

「駅で無線LAN体験」ページ。利用マニュアルなども用意されている IDやパスワードなどの表示画面。 ESS-IDやWEPキーは各駅共通だ

 今年12月19日までの予定で進行中の駅でのインターネット接続実験の登録モニター数は現在、約1万6,000人。やはり、20代後半から30代の男性のビジネスユーザーが多いという。今後、無線LAN接続サービスを事業化するにあたっては、ビジネスユーザーの拡大とともに、それに続く層のユーザー獲得も課題となる。提携ISPに加入していないユーザーでも使える今回の携帯電話方式で、ユーザーのすそ野を広げたい考えだ。

 なお、今回J-スカイで提供することにしたのは、すでにJ-スカイの公式コンテンツとして日本テレコムのメニューがあり、新サービスを追加しやすかったためだという。技術的には他のキャリアでも対応できるとしており、「NTTドコモやauともお話しする機会があれば、広げていきたい」(「無線による、駅でのインターネット接続実験」事務局/日本テレコム法人事業本部JR営業部の茨木敏課長)としている。

 駅でのインターネット接続実験では、提携ISP会員からの登録モニターのほか、東京駅と上野駅で、その場に用意された申し込み用紙で手続きすることで合計1時間のネット接続が行なえる「一時利用ID発行サービス」も提供しており、今回の携帯電話によるID発行は3つ目の手段となる。日本テレコムによれば、携帯電話と無線LAN接続サービスを組み合わせたサービスは初めてだという。

◎関連記事
スピードネット、スクラッチカードでIDなどを配布するホットスポットサービス(Broadband Watch)
理経、一時利用できる公衆無線LANサービスを11月26日より開始

(2003/4/16)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.