最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【セキュリティ】

米Microsoft、今後1年間のセキュリティ計画を発表

■URL
http://www.microsoft.com/presspass/press/2003/Apr03/04-14RSA2003KeynotePR.asp

 米Microsoftは、今後のセキュリティの取り組みを発表した。これは、サンフランシスコで開催されているセキュリティカンファレンス「RSA Conference 2003」の基調講演で、同社のSecurity Business部門コーポレートバイスプレジデントMike Nash氏が明らかにしたもの。

 計画の概要は、「ユーザーに安全性の高いコンピューティング環境をよりよく、シンプルに提供すること」だとしている。またNash氏は、同社が今後1年間で重点的に提供するセキュリティツールや技術4項目を明らかにした。この4項目は、ユーザーがコンピューティング環境のセキュリティを強化を図る際に重視しているもので、「パッチ管理」「情報保護」「安全なWeb開発」「安全なネットワーク接続」だという。

●パッチ管理

 パッチ管理では、パッチインストールソフト「Software Update Services(SUS) 2.0」とシステム管理サーバー「Systems Management Server(SMS) 2003」を年内にリリースすることでサービスの拡充を図る。SUS 2.0は、アップデートを実行できる対象製品を拡大する。SMS 2003では、サーバーが計画的にダウンしている間にパッチを自動でインストールする機能などを組み込むという。

 コンシューマーや小企業向けのパッチ配信サービスを今後1年間でさらに強化し、WindowsやWindows以外のMicrosoft製品に対しても、セキュリティパッチやその他重要なパッチに関しては、自動アップデートサービスを提供していく。また、同社では、現在多数あるパッチインストーラー技術を整理・削減し、セキュリティ管理の簡素化を目指す。また、今年末までに、パッチを当てていないシステムを検出するツール「Microsoft Baseline Security Analyzer 1.2」をリリースする。

●情報保護

 Microsoftの情報保護の取り組みでは、企業の機密情報をより安全に保護するように設計されたアクセス権管理技術「Windows Rights Management Services(RMS)」を「Office 2003」に実装し、ベータ版として提供を開始している。RMSを利用することによって、エディターやメールなどのアプリケーションにおいて、ユーザー毎に転送や印刷、編集などのアクセス権の種類を設定することができるため、情報漏えいの保護が図れる。

●安全なWeb開発

 Microsoftは、開発者がより簡単に安全なアプリケーションを作成できるように努力しているという。その例として、来週発表される予定の開発ツール「Visual Studio .NET 2003」や「.NET Framework 1.1」では、データセンターで稼働するWebアプリケーションやWebサービスをより詳細に管理できるようになる。また、2003年第3四半期に、.NET Framework対応ソリューションに関するセキュリティ最善方法を説明するガイドをリリース予定だ。

●安全なネットワーク接続

 最後に安全なネットワーク接続では、まずワイヤレスアクセスの急増により、認証やアクセスコントロールが複雑化していることをMicrosoftは指摘しており、Wi-Fi Allianceが進めているワイヤレスアクセスのセキュリティ仕様「WPA」に注目しているという。また、SAN(Storage Area Network)分野においては、米Brocade Communications Systemsや米QLogic、米McDATAと協力し、Windows Serverの認証サービス「Internet Authentication Service(IAS)」の普及促進を図る。

◎関連記事
Gates氏の提唱によってマイクロソフトは果たしてセキュアになったのか?

(2003/4/16)

[Reported by otsu-j@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.