最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【携帯】

ドコモ、505iで採用されたiアプリの新仕様を公開

■URL
http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/imode/java/index.html

4月8日に発表された505iシリーズ

 NTTドコモは、近日発売予定の505iシリーズが対応するiアプリの新規格「DoJa 3.0」の詳細を公開した。

 同社が提供している「iアプリ」では、プログラミング言語として携帯機器向けJavaであるJ2ME(Java 2 Micro Edition)のCLDC(Connected Limited Device Configuration)に、iアプリの独自仕様が拡張された「DoJa」が用いられている。8日に発表された505iシリーズからは、アドレス帳へのアクセス機能や指紋認証機能などが追加された仕様「DoJa 3.0」が利用できるようになる。

 「DoJa 3.0」では、画像の表示やメロディの再生など基本的なAPIのほか、カメラなどデバイスと連携できるオプションAPIも用意される。旧バージョンである「DoJa 2.0」でオプションAPIとして提供されてきた機能の一部が、「DoJa 3.0」からは基本APIに採用されている。

 特徴的な新機能は、複数のiアプリが連携できるというもの。これまでも、ブラウザやメールソフトからiアプリを起動することは可能だったが、「DoJa 3.0」では、iアプリからiアプリを起動できるようになる。同じサーバーからダウンロードされたiアプリ同士は、パラメータの受け渡しが可能な「連携モード」での起動が可能になり、異なるサーバーからダウンロードされたiアプリは、シンプルに起動のみ行なう「ランチャーモード」によって起動できる。さらに、従来iアプリ一覧などのサブメニューから呼び出していた新バージョンの更新を、iアプリから行なえる機能も追加される。

 また、「DoJa 3.0」におけるアプリケーション本体のサイズは最大30KBだが、iアプリに必要なデータを端末内に保存できる“スクラッチパッド”の領域が従来の2倍である200KBに拡大されている。

 このほか、端末内のアドレス帳との連携やダウンロードサーバー以外と通信できる「iアプリDX(トラステッドiアプリ)」が利用可能となる。ただし、この部分の利用はセキュリティ面への考慮から、iモード公式メニュー内のコンテンツプロバイダーのみが可能となっている。

 カメラ関連では、カメラそのものの制御をiアプリから行なえる機能が標準機能として採用され、iアプリから撮影する画像のサイズ、フレーム画像の指定などが行なえるようになる。また、バーコードやQRコード、テキストを撮影して読み取れる「コード認識」機能や、撮影補助として装備されるフラッシュのON/OFFなどの操作が行なえる「ピクチャーライト操作」機能が利用可能になる。

 専用デバイスを装備することによって利用できる機能としては、「F505i」のような指紋認証機能や「SH505i」における3D表示対応液晶向けにiアプリから立体表示が可能になるAPIも用意される。

 同社では、DoJa 3.0の仕様書を同社Webサイトで公開しているほか、開発用ツールも無償配布している。

(2003/4/21)

[Reported by 関口 聖]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.