最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【業界動向】

総務省、IP電話発携帯電話着の料金設定権について意見募集

■URL
http://www.soumu.go.jp/s-news/2003/030425_4.html

 総務省は、IP電話から携帯電話へ通話する場合の料金設定についてとりまとめた報告書案について、意見募集を5月22日まで行なう。報告書案ではIP電話の料金設定について、IP電話事業者が設定すべきと結論づけている。

 この報告書案は総務省が2002年12月から開催している「料金設定の在り方に関する研究会」によってまとめられたもの。IP電話発携帯電話のほか、固定電話から中継接続を通じて発信する場合の料金設定についても検討が行なわれている。

 この報告書ではIP電話を「050から始まる、または0AB〜J形式のIP電話専用番号が割り当てられており、ネットワークの一部または全部においてIPネットワークが利用されている音声サービス」と定義づけている。つまりBBフォンについては、NTT東西の番号を利用したサービスであってIP電話専用の番号が割り当てられていないため、IP電話専用の番号を用いた携帯電話着のサービスという点では検討の対象外ということになる。

 報告書案では、IP電話事業者と携帯電話事業者の間で接続協定を実現しているものは未だなく、料金設定権については今後の事業者間協議次第だとしている。ただし、事業者間協議が順調に進まない場合も想定されるため、裁定などの基準について検討を行なったという。

 IP電話事業者側が料金設定すべきという根拠については、「ユーザーニーズの的確な把握が可能である」「ネットワークがNTT東西の交換機を経由していない」などの理由が挙げられている。一方、携帯電話事業者が利用金設定すべきという意見については、「IP電話は低廉なコストでネットワークが実現されているため、ネットワークコストや主要な機能の多くは携帯側に存する」とする理由が示されている。

 総務省では競争促進の観点から考えれば、IP電話事業者が料金設定を行なうほうが加入者に対する営業活動や顧客維持のための事業者意欲を促進できるとしている。また、ユーザーの利用面で考えた場合にも、現状は電話発信側のユーザーが料金を負担する形態が一般的である点を踏まえ、ユーザーの要求を把握しやすい、利用者によってサービス選択の範囲が拡大して料金の低廉・多様化が促進されるとして、IP電話事業者の設定権を適当としている。

 また、IP電話のネットワークはすでに裁定がなされている平成電電の直収発携帯電話と同等の構成となる。つまり伝送設備が電話発信側のユーザー宅から直接IP電話事業者の設備に収容されているため、ネットワークが非効率になるという問題が発生しないのだという。加えてIP電話は始まったばかりのサービスであり、今後普及が見込まれるサービスのため、携帯電話事業者の収益構造にも大きな変化を与えないとも指摘している。

 研究会では、電気通信事業法の趣旨を踏まえた上でこれらの検討を勘案すれば、IP電話での料金設定についてはIP電話事業者が設定することが適当だと結論づけている。意見募集の提出期限は5月22日18時までとし、研究会では6月をメドにとりまとめを行なう予定だ。

◎関連記事
総務省、固定発携帯着の料金設定権問題に関する報告書案を公表(ケータイWatch)

(2003/4/25)

[Reported by 甲斐祐樹]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.