最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【インタビュー】

W3Cの技術スタッフに聞くWeb標準化動向(3)

Webサイトにおける“国際化”への道のり
〜MITのMartin Duerst氏〜

■URL
http://www.w3.org/International/ (W3C Internationalization Activity)

 インターネットがもたらした衝撃的な変化のひとつに、“日常的に国境を越えられる”ということがある。今日、インターネットを使えば、一般市民でありながら多額の対価を払うことなく、ニューヨークタイムズやヘラルドトリビューン、CNN、中華日報など世界中のメディアが発信する情報に直接触れられるし、瞬時にアメリカ大統領宛にメールを送ることだってできる。また、少々の語学力とクレジットカードさえあれば、CD、洋服、書籍の個人輸入も難しいことではない。

 こうして、世界中の人々がインターネットを介して容易に“国境を越え”るようになった今、標準化団体であるW3Cの役目もより重要になってきている。現在、W3Cで国際化活動に取り組むMartin Duerst氏に話を聞いた。

●Webの国際化で問題となるのは文字コード

W3Cで国際化活動を担当するMartin Duerst氏(左)。慶応義塾大学藤沢キャンパスで研究していたこともあり、日本語は堪能だ
 “国際化”という言葉は非常に曖昧だが、Duerst氏の日々の仕事は「コーディネート」だという。ほかの団体や企業が策定した膨大な仕様を見比べ、標準化にふさわしいフォーマットかどうか検討。必要があれば、別の国でも不都合のないように機能を追加する。では、現状のWebには国際化にあたってどのような問題があるのだろうか。同氏は、「文字コードだ」と簡潔に答えた。

「ブラウザーに世界中の文字がきちんと表示できない。言語の問題以前に、まずこれを解決するのが国際化の上で重要なステップです。アフリカやミャンマーなど長い間戦禍に巻き込まれた地域では、現地の文字がブラウザーに表示できません。日本でも、インターネットを使う上で“文字化け”という現象にしばしば出くわします。これらを解決するためには、やはりUnicodeが必要でしょう。UTF-8(Universal character set Transformation Format-8)をまずは普及させたい。日本で需要の高い縦書きや波線、破線など、バリエーション豊かなアンダーラインをスペックに盛り込むことにも取り組んでいます。その後に来る言語の問題においては自動翻訳の技術が有望ですが、現状の機械翻訳の精度ではまだまだですね。」

●Web上のサービスでも国際化は必然

 ショッピング、オークション、ネットワークストレージ、ASPなど、多様化するWeb上のサービスも標準化と国際化の重要なターゲットだ。ドル、円、ユーロ、ポンドといった通貨の表示形式の問題や、日付の書式などさまざまな問題がある。W3Cは、このような問題について、記述言語に機能を実装する方法と、ガイドラインのようなものでわかりやすい表記を一般化する方法の両面で取り組んでいく方針だ。

「もはや『コンピュータ同士が問題なく通信できればいい』という時代ではありません。コンピュータは人間が使うものです。日付の書き方にしても、『2003年4月5日』を表わすのに『03/04/05』や『05/04/03』など国によって違います。インターネットにつながるさまざまな端末が認識できる日付の書式を、どのようにしてわかりやすい書式へ変換するか。通貨の単位でも同じです。こういったことについてガイドラインもしくは仕様側でなんらかの機能の追加は必要でしょう。世界中どこででもWebページは読めます。月の表記を数字ではなく名称で書いたり、表現に冗長性を持たせようとする動きは必然だと思います。」

●CSSの運用は国際化の側面からも重要

 現状のHTMLおよびWebページデザインに起こっている変化も、同氏は指摘する。国際化には、アラビア語やヘブライ語など右から左へと記述する言語への対応も必要だ。これらを正確に表現するためにはCSSが大きな役割を担うことになる。

 だが、ここでWebデザイナーの中でも議論になっている問題が浮き彫りになる。HTMLとは本来、文章を構造化するために作られた言語であり、ページをレイアウトするためのものではない。しかし、これまでブラウザーにおけるCSSへの対応状況があまり追いついておらず、OSやブラウザーのバージョンによって見た目が変わってしまうケースがしばしばあった。デザイナーはこれを嫌い、CSSを使用せず、本来は表組みのために使うテーブルをレイアウトに流用するテクニックが一般的になっている現状がある。

 正しい使い方として、デザインのために定義されたCSSを積極的に運用するのか、それとも多くのWebサイトがそうしているように、HTMLを応用したレイアウトにするのか。国際化と多言語対応の側面から見ても重要な問題だ。

「以前はそういった議論さえもありませんでした。ここに来て『正しい使い方とは何か』という議論がされている分、CSSへの理解も深まったのではないでしょうか。ブラウザーもCSSへのサポートを強化していますので、今は大きな変わり目でしょう。環境がほぼ整った今、デザイナー側が対応しはじめれば、HTMLとCSSの本来の使い方になっていくと考えています。CSSの運用は、国際化にとっても重要なことでしょう。」

◎関連記事
W3Cが「Amaya6.0」ブラウザーを発表〜国際化や注釈機能に対応

(2003/5/2)

[Reported by 伊藤大地]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.