最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【業界動向】

ユビキタスIDセンター、日立ら3社の標準タグ準拠製品を認定
〜東大坂村教授「世界標準は私たちが作る」

■URL
http://uidcenter.org/japanese/japanese.html

東京大学教授 ユビキタスIDセンター所長 坂村健氏
これが小型チップを読み取るコミュニケータの試作機。CF型の無線LANカードを装着しており、FOMAやPDCの通信機能も内蔵している
 非営利の業界団体、ユビキタスIDセンターは6月23日、凸版印刷、日立製作所、ルネサステクノロジの3社が製造する小型チップを同センター標準タグ準拠製品として認定し、これらのチップを使い、夏頃から農作物の追跡に関する実証実験を行なうことを発表した。

 今回チップが認定を受けた仕様は、小型チップに埋め込まれた情報を処理するための標準規格。凸版印刷、日立製作所、ルネサステクノロジは、このユビキタスIDセンターが定めた仕様に準拠したチップを製造する。この小型チップは搭載したモノに情報を埋め込み、ほかの機器と通信する機能を与える。すべてのモノがつながる「ユビキタスコンピューティング」には基礎的かつ非常に重要な役割を持つデバイスだ。

 今回認定を受けたチップは凸版印刷製の「T-Junction」、日立製作所 ミューソリューションベンチャーカンパニー製「ミューチップ」、ルネサステクノロジ製「eTRON/16-AE45X」の3製品。チップ単価は現在「数百円」のレベルだというが、2005年までには10円以下を目指す。いずれも915MHz、2.45GHzの電波を利用したRF-ID方式を採用。これらを商品に装着し、コミュニケータと呼ばれる通信機能とリーダ機能を組み合わせた専用端末で読み取るとチップに書き込まれた情報がコミュニケータで閲覧できる。さらに、チップに入りきらない詳細な情報は、コミュニケータから指定されたサーバーへインターネット経由で接続し、補足情報を閲覧できる。この通信はeTRONベースで行なわれるため、VPNのようなセキュアな環境が保てるとのこと。

 発表会では薬箱につけたチップを、CF型の無線LANカード、FOMA、PDCの回線指紋認証機能を組み込んだコミュニケータで認識し、「これは風邪薬です」と電子音でユーザーに知らせるというデモが行なわれた。

 さらに、今回発表されたチップを利用し、夏ごろから15年度いっぱいまで、YRPユビキタスネットワーキング研究所、よこすか葉山農業協同組合、京急ストア、東京大学坂村研究室が共同で生鮮食品にチップを付け、生産段階から個別認識・管理をする実証実験「食品トレーサビリティプロジェクト」を実施する。

 実験の目的は、O157、残留農薬、添加物の問題など、食物の安全性が脅かされている現状を背景に、生鮮食品の1つ1つにチップを付け、消費者側から生産者、および農薬の散布状況などがわかるようにすることだ。散布農薬のボトルなどにもチップを付け、使用した農薬と野菜を関連付け、さらに流通経路、販売店でも同様の作業を施すことで、生鮮食品の辿った道筋をさかのぼることができる。

 実験対象となる作物はよこすか葉山農協で作っているものすべて。チップは、野菜に貼るシールなどに組み込むことを考えているという。

側面にUSB端子、ヘッドフォン端子がある 本体背面には指紋認証センサーも

●東大坂村教授「世界標準は私たちが作る」

 東京大学教授でユビキタスIDセンターの所長を務める坂村健氏は、プロジェクトの説明において、「チップと端末の通信だけを研究しているところはほかにもあるだろうが、情報を格納するサーバーとの通信や、総合的な環境を考えて研究しているのはわれわれだけ」と語り、「世界的に注目を浴びている。コンピュータの世界ではデファクトスタンダードになるということが非常に重要だ」とした。

 事実、ユビキタスIDセンター T-Engineフォーラムの参加企業は180にものぼり、国内ではソニー、松下電器、NEC、シャープ、富士通といったメーカーやNTT、NTTドコモ、KDDI、J-フォンなど通信業者が、海外でもサムスン、サンマイクロシステムズなどそうそうたる顔ぶれだ。

 また、坂村氏は標準に定めた仕様について「チップ対コンピュータ、のように限定された枠組みではなく、トータルに動くシステムの中で仕様を決め、チップを認定した。これは非常に重要なことだ」とプロジェクトの意義を語り、「認定基準さえ守ってくれればどのメーカーが作っても通信できる」と自信を見せた。

 また、このようなユビキタスコンピューティングへの取り組みについて、「インターネットが解放されたのが1990年。世の中で広く使われるようになったのはつい最近のこと。(ユビキタスコンピューティングも)今日、明日にできることではなく、12、3年かかるだろう。ただ、実現されればそのインパクトはインターネット並み、あるいはそれ以上のものになるのではないか」と述べた。

 また、ユビキタスのあり方についても「オープンアーキテクチャーが基本。だれかがロイヤリティで莫大に儲ける、という形では(あらゆるものにチップを乗せるユビキタスは)普及しない。我々が仕様を決めたからといって市場を独占するつもりはない」と述べ、プラットフォーム作りが重要であるとの考え方を示した。

 さらに、「世界で一番進んでいるのは日本であり、我々の研究所だと自信を持っている。今日の発表会はイニシアチブをとっていきたいという決意表明のためでもある。世界標準は私たちが作る」と力強く語った。

今回のチップを導入した場合のイメージ 実証実験のイメージ

(2003/6/23)

[Reported by 伊藤大地]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.