最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【業界動向】

“決定版TRON”開発を目指す「TOPPERSプロジェクト」

■URL
http://www.toppers.jp/
http://www.toppers.jp/press/030624/release-0306-1.pdf

会長を務める名古屋大の高田広章教授
 “決定版TRON”の開発・普及を行なう団体「TOPPERSプロジェクト」が結成された。今夏NPOとして認可される予定で、現在会員の募集を行なっている。

 TRONは東京大学の坂村健教授が中心となって開発されたOS。サブプロジェクトである「ITRON」は、組み込み用リアルタイムOSとして日本で最も広く普及している。

 坂村教授は“産業の基盤となるソフトウェアは技術を公開し、幅広く普及させるべき”という考えのもと、TRONの仕様を公開。その仕様を用いて誰でもTRONの実装や製品版の開発を行なうことが可能となった。しかし、結果として多くの企業が独自に開発やツール・部品の作成を進めたことで、TRONの機能が多様化すると同時に分散化。一見同じTRONでも、対応するツールや移植性などで問題が生じることが少なくなかったという。

 現状のTRONが抱えるこうした問題を解消するために、分散かつ多様化したTRONを、ひとつの“決定版TRON”に置き換えることが「TOPPERSプロジェクト」の目的だ。決定版TRONによって、TRONの周辺環境や技術が集約され、開発ツールやミドルウェア部分の選択肢が増えるほか、経験ある技術者の増加が見込めるという。またこれまでTRON開発を行なってきた企業が開発から解放されることで、先端的部品やツール開発に注力でき、特に機器メーカーや組み込み製品ベンダーにとって大きなメリットになるとしている。

 この“決定版TRON”として、現名古屋大学教授の高田広章氏がリーダーで開発を行なってきたOS「TOPPERS」(Toyohashi OPen Platform for Embedded Real-time Systems)を利用する。「TOPPERS」はμITRON仕様のリアルタイムカーネルなど技術的に成熟したソフトウェアをフリー公開することで、多くの企業による重複開発の問題を解決しようという発想で展開してきたもので、これまでに「TOPPERS/JSPカーネル」、「TOPPERS/IIMPカーネル」、「TOPPERS/IDLカーネル」が開発されている。これら製品をベースに、未対応プロセッサへの移植やソフトウェア開発環境、組み込みシステム向けのコンパクトなTCP/IPプロトコルスタックなどを開発することで、オープンな組み込みOSとしての実用化を目指していく。

 また開発するOSの公式リリースは、プロジェクト会員のみで開発し、開発する会員には“著作権侵害のない開発”を義務付けることで、安全、安心なオープンソースOSの開発を行なっていく。さらにライセンスについては、使用事実の報告のみを制約として、GNUなどより自由に使用できる条件にする方向という。

 「TOPPERSプロジェクト」の会長は高田氏が務め、名古屋大学、豊橋技術科学大学、宮城県産業技術総合センター、エーアイコーポレーション、日立システムアンドサービス、富士デバイス、リコーなど、現在十数の企業・組織が参加を表明している。同プロジェクトでは本年度中に100企業・組織の会員参加を目標にするほか、半導体メーカーや機器メーカーに、独自ITRONからTOPPERSへの乗換えを働きかけていく。これにより、2年後に全ITRONプロジェクト中で50%のシェア、4年後に80%のシェアを目標としている。

“Linux的な集約”を目指していく カーネル開発のロードマップ

(2003/6/24)

[Reported by aoki-m@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.