最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【通信事業】

東めた創業メンバーらによるベンチャーがTD-CDMAの実験局免許

3G携帯で“ADSL”のような定額制ブロードバンドサービスを提供

■URL
http://www.mric.jp/press20030707.pdf (発表資料、PDFファイル)
http://www.ipwireless.com/ (米IPWireless社、英文)

ストリーム映像を視聴するデモの様子。 比較のために、ビットレートが200kbpsの映像を既存の3G携帯から数回ほど視聴したところ、パケット代だけで13万円に達したとか

 IPモバイル株式会社は7日、TD-CDMA(Time Division Duplex - Code Division Multiple Access:時分割複信による符号分割多元接続)方式の実験局免許を取得し、東京都内の1カ所に実験局を構築したと発表した。米IPWireless社のTD-CDMA技術をベースにしたシステムで定額制ブロードバンドサービス技術の検証を行ない、年内の事業化を目指す。通信速度は検証中だが、上り数百kbps/下り1Mbps程度が期待できるという。

 IPモバイルによれば、現在導入が進んでいる3G携帯電話システムは、音声通信を前提としたFD-CDMA(Frequency Division Duplex - Code Division Multiple Access:周波数分割複信による符号分割多元接続)方式が主流。これに対してTD-CDMAは、米国フロリダやハワイ、ニュージーランドの通信ベンチャーなどでIPWirelessのシステムの採用実績はあるものの、3Gの中ではきわめて少数派。国内でも実験局を構築したのは、おそらく同社が初めてだとしている。

 その一方で、TD-CDMAは上下非対称の通信速度の設定にも柔軟に対応できるのが特徴。ADSLのようなインターネット接続サービスに向いており、今回の実験では、加入者側のデバイスとしてモデム型またはPCカード型の端末が使用される。3Gとは言っても、当初はインターネット接続用を想定したサービスを狙うかたちだが、IPWirelessのTD-CDMAシステムは遅延が少ないとしており、ゆくゆくはVoIPによる定額制通話サービスも考えられるという。

 なお、実験で検証さえるシステムは、欧州の3G標準規格で、IMT-2000の中のTD仕様のひとつでもある「UMTS TDD(Universal Mobile Telecom System Time Division Duplex)」準拠のもの。IMT-2000でTD用に割り当てられている2,010〜2,025MHz帯が使われる。この周波数帯のTD-CDMAシステムは、加入者側のデバイスも含めてすでにIPWirelessによって製品化済みであり、事業化決定後も速やかに供給可能だとしている。

 すでに稼働を開始した台東区内の実験局に加えてIPモバイルでは、千代田区や港区で3カ所の実験局を申請中だ。1基地局あたり半径1.5kmをカバー可能で、今後は移動体からのローミング実験にも取り組む予定である。すでに同社では首都高速道路の移動中で500kbps程度の接続を確認しているが、IPWirelessののシステムは米国で時速120kmの自動車から、フランスでは時速230kmのヘリコプターからの接続が報告されているという。

モデム型(左)とPCカード型(右)の加入者側デバイス。厳密には、IMT-2000でTD用に割り当てられている周波数帯は2,010〜2,025MHz帯の下にもあるが、日本ではここにPHSが割り当てられているという

 IPモバイルは、マルチメディア総合研究所の100%出資により昨年11月に設立されたベンチャーで、取締役の杉村五男氏は東京めたりっく通信の創業メンバーのひとり。事業化後のビジネスモデルについては今のところ公表していないが、同じく東京めたりっく通信でCOOなどを務め、現在マルチメディア総合研究所の取締役である信國謙司氏によれば、「(インフラの構築からサービスの提供まで)すべて自分たちでやるという選択肢も考えられるが、苦い経験もある」として、大手通信事業者との協業を見据えて交渉を進めている。

 確かに、TD-CDMAでサービスを展開するには新規に基地局を設置しなければならないが、IPWirelessの基地局は既存の3GやPHSなどに比べて格段に安価でサイズも小さいという。また、基地局あたりの同時接続数に制限がなく回線も占有しない方式のため、ベストエフォートにはなるものの、ユーザーに対して安価な定額制ブロードバンドサービスが提供できるのも強みだ。大手携帯電話キャリアの中にも、TD-CDMA方式の定額制ブロードバンドに興味を示しているところがあるとしている。

(2003/7/7)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.