記事検索
バックナンバー

第3回:持っていると便利な定番アプリ「ビジネスサポート編」(1)


 第1回と第2回では、ビジネスライフをサポートするアプリをご紹介してきた。第3回目となる今回、および次回の第4回では、名刺アプリをはじめ、ドキュメントリーダーなど、ビジネスライフをサポートするというよりは、ビジネスに直接役立つ定番アプリをご紹介しよう。


読めるモニュース


こんなときに:隙間時間に、いろんなニュースをチェックしたい!
価格        :無料
販売        :GMO MOBILE Inc. (C) GMO MOBILE, Inc.
URL         :http://itunes.apple.com/jp/app/id371083834

 出来事を伝えるためだけではなく、誰かに伝えたくなるようなセレクトをしているのが特徴のニュースアプリで、時事通信社提供のピックアップニュースからゴシップ系のネタまで網羅している。なかなか新聞に目を通す時間がない人向けに「注目記事」も用意されており、設定で選択しておけば、起動時にすぐ読めるようになる。

全ジャンルの記事が網羅された「全記事一覧」 忙しいときは「設定」で「注目記事」を選んでおく おさえておきたいニュースが分かる「注目記事」 右上の「設定」でTwitterのアカウントを設定すると、記事からつぶやける


トムソン・ロイター ニュースプロ(日本語版)


こんなときに:世界のニュースや為替情報を日本語で読みたい!
価格        :900円
販売        :Thomson Reuters Japan (C)Copyright Reuters 2010. All Rights Reserved.
URL         :http://itunes.apple.com/jp/app/id375093782

 世界のニュース、マーケット情報、株価などの情報が、いずれも日本語で得られる。ニュースはビジネスニュースから世界のこぼれ話まで幅広く網羅。ダウンロードしたコンテンツは、キャッシュ機能によりオフライン時も閲覧可能。マーケット情報に含まれる「為替」では、米 ドル、英 ポンド、ユーロ、カナダ ドル、スイス フラン、豪 ドル、中国 元他、18カ国の最新の換算レートが分かる。Facebookとの連携も可能。

メニューはビジネスからこぼれ話までカバー 世界のニュースが日本語で読める 気になる写真から記事にアクセスするという切り口も用意されている 為替レートの確認も可能


ポメラQRコードリーダー


こんなときに:QRコードを素早く読み取りたい!
価格        :無料
販売        :KING JIM CO.,LTD.(C) 2010 KING JIM CO., LTD.
URL         :http://itunes.apple.com/jp/app/id371963393

 キングジム公式のポメラ用QRコード読み取りアプリだが、読み取れるQRコードはポメラ用に限らず、しかも読み取りスピードは非常に速い。読み取ったデータは、編集、全文コピー、メール作成が可能で、EvrenoteへのクリップやTwitterへの投稿機能も備える。データがURLの場合は、タップするとSafariが起動し、コンテンツにアクセスできる。過去の読み取りデータは履歴として残るので、後から参照できる。

ポメラ用だが、その用途はポメラに限らない モニタごしでもすばやくQRコードを読み取ってくれる 読み取りが終わると、メニューが表示される 設定で、EvernoteとTwitterのアカウントを設定するとメニューが有効になる


O-RID KYBER Business Card


こんなときに:名刺データの入力時間を減らしたい!
価格        :無料(3件まで無料、15件/230円〜)
販売        :O-RID Co.,Ltd. (C) 2010, O-RID GLOBAL BPO PTE. LTD.
URL         :http://itunes.apple.com/jp/app/id402335671

 カメラで撮影した名刺データをサーバにアップロードすると自動的にデータ化できる、クラウド型名刺管理アプリケーション。デジタル化のスピードはベストエフォートだが、驚異的な精度でテキスト化できるため、修正の手間がない。保存されたデータは「アドレス帳」から参照できる。会社名でのグルーピング機能があり、マップ表示や現在地からのルート表示にも対応している。「連絡先」へのエクスポートも可能だ。

カメラでの撮影、またはアドレス帳の参照というシンプルさ。利用にはユーザー登録が必要。アプリのダウンロードは無料 台形補正やエッジの検出機能により、綺麗に撮影できる アップロードされた名刺はサーバ側で読み取られ、自動的にデータ化される アドレス帳の住所から、経路検索が可能


CamScanner+


こんなときに:紙の資料やホワイトボードのメモを手軽にデジタル化したい
価格        :600円
販売        :IntSig Information Co.,Ltd (C) 2010 IntSig Information Co., Ltd
URL         :http://itunes.apple.com/jp/app/goodreader-for-iphone/id306277111

 iPhoneをスキャナとして利用できるアプリ。アルバム、またはカメラで撮影した書類やメモなどを、形や色を見やすく補正した上で、PDFやJPEGで保存する。自動認識されたエッジは手動で変更でき、読み取り時に、彩度、明るさ、コントラストの調整、回転など状態も補正できる。また、後から画像を追加して、複数ページのPDFファイルにすることも可能。PDFファイルはメールで送れるほか、Evernote、Googleドキュメント、Box.net、iDiskに保存できる。ページ単位では、アルバムへの保存や、メールの作成が可能。  

画面には過去に作成した書類の一覧が。画面左下のアイコンから読み取りを開始する 自動的にエッジを検出したあと、サークルを指でドラッグしながら調整する。かなり調整しやすい 画像を読み込むと色調を補正できるスライダーが現れる 取り込んだデータは、PDFとしてEvernoteなどのクラウドサービスにアップロード可能

 


関連情報

2011/7/27 06:00


すずまり
プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。カメラを中心にガジェットを好む。趣味は写真と料理。
主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。ど。