記事検索
バックナンバー

趣味のインターネット地図ウォッチ

第113回:150万カ所のスポットを収録、iPhone用位置ゲー「ニコスクエア」ほか


昭文社、ゴルフGPS計測ナビアプリ「GOLFな日」発売

起動画面

 ゴルフというのは次の目標地点までいかに正確にボールを到達させるかを追求するスポーツだが、それだけに現在地の把握や目標地点までの距離を推定することは大事な作業となる。最近はGPSを内蔵したゴルフ用のナビゲーション端末も登場しているが、これをiPhone用アプリにしたのが、株式会社マップル・オンが発売したゴルファー向けiPhoneアプリ「GOLFな日(ゴルフナビ)」だ。App Storeから入手できる。

 GOLFな日には全国2350カ所以上のコースデータを収録しており、GPSを使って専用コースマップ上に現在位置やグリーンまでの距離を表示する。コースの全国カバー率は約99%で、国内のゴルフ場はほとんど網羅している。

 価格は基本アプリが450円で、これには1コース無料ダウンロード権が含まれる。コースを追加する場合は1コースあたり350円で、コースごとにダウンロードして使用する。購入したコースマップの使用期限はないので、一度ダウンロードすればずっと使い続けられる。

 コースマップは株式会社ユピテルの単体のゴルフナビ「ATLAS」シリーズのデータを使用しており、フェアウェイやラフ、グリーンなどの位置がわかりやすく表示されている。あらかじめコースマップをダウンロードしてiPhoneのローカルにデータを格納するので、電波の状況に左右されずに使用可能だ。また、グリーンやティの位置も、プレイごとに自由に変更できる。

 使用する際のモードは「プランニングモード」「GPS計測モード」「計測履歴モード」の3つが用意されている。プランニングモードはラウンド前にコースの下見をするためのモードで、ラウンド前に戦略を立てることができる。4点まで登録できるシミュレーション用打点登録機能や、ホール単位のメモ機能なども搭載する。

 GPS計測モードは、ラウンド中にGPSを使って飛距離やグリーンまでの距離を確認できるモード。計測履歴モードはGPS計測モードで登録した情報を参照する機能で、ラウンド内容を振り返ることができる。なお、どのモードでもコースのピンチイン/アウトによるスクロールが可能だ。

 iPhoneユーザーは専用端末を購入するよりも安価にゴルフナビの機能を使えるわけで、コストパフォーマンスは高い。ゴルファーにとっては注目のアプリといえるだろう。


ゴルフ場検索画面 「東京都」を選んだ場合
ゴルフ場の詳細ページ 地図上でゴルフ場の位置を確認できる
コースのダウンロード画面 ダウンロードしたゴルフ場をリストから選択
3種類のモードから選択可能 プランニングモードの画面
コース全体図 GPS計測モード

URL
 プレスリリース
 http://mapple-on.jp/news/archives/12
 GOLFな日(iTunesプレビュー)
 http://itunes.apple.com/jp/app/id433365424?mt=8

150万カ所のスポットを収録、iPhone用位置ゲー「ニコスクエア」

 株式会社フューチャースコープは、iPhone用の位置情報ゲーム「ニコスクエア」の提供を開始した。価格は無料でApp Storeからダウンロードできる。

 ニコスクエアは飲食店や宿泊施設、テーマパークなどの街中の施設にいるときに「ニコIN」することで「勲章」や「ポイント」を集めていく位置情報ゲーム。ニコINとは自分の居場所をサーバーに送信して位置を知らせることで、「foursquare」の「チェックイン」にあたる。

 検索対象のスポットは国内150万カ所以上で、有名施設だけでなくメイドカフェや雀荘、占い、牧場などあまり知られていないスポットも含まれているのが特徴だ。

 勲章とはこのゲーム独自のオリジナルの勲章で、特定のカテゴリスポットで複数回ニコINするといった特殊なルールに基づいて与えられる。また、特定スポットに最も多くニコINした常連に贈られる「ネ申(神)の勲章」も用意されている。これは一度獲得してもほかに訪れる回数が多いユーザーが現れると、その人のところへ移動してしまう勲章で、今後は「ネ申」だけに与えられる特典も追加されるという。

 ニコINすると、勲章とは別にポイントも付与される。通常のニコINは1ポイントで、クーポンを利用したときや勲章を獲得したとき、記念日のときや特定スポットにニコINしたときなどは多くのポイントを与えられる。

 Twitterとの連動機能も搭載されており、ニコINしたときにツイートすることが可能で、チェックインしたことを自分のフォロワーに知らせることが可能だ。今後はTwitterのほかにも連携できるSNSを増やしていく予定だという。

 なお、スポットの検索結果の中には割引クーポンを利用できる店もある。クーポンページの「使う」をタッチすると実店舗でクーポンを利用できる。クーポンはフューチャースコープがドワンゴとの業務提携による共同企画として提供している「ニコクーポン」だ。

 実際に検索してみるとかなり細かい店までヒットするが、クーポンが使える店はまだそれほど多くはないので、今後の発展に期待したいところだ。いろいろな街に遊びに行くのが好きな人や、出張の機会が多い人などにはお勧めの位置情報ゲームといえる。価格が無料なので、街歩きが好きな人は試しに使ってみてはいかがだろうか?

現在地周辺の検索結果 施設の詳細
ニコINの画面 ニコINの完了
MYページの画面 取得した勲章の一覧リスト
クーポンのリスト

URL
 ニコスクエア(iTunesプレビュー)
 http://itunes.apple.com/jp/app/id439845865?mt=8
 ニコクーポン
 http://nicocoupon.jp/

関連記事
 ・ニコニコ動画と連動、「ニコクーポン」スタート
  http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110204_424689.html

ARアプリと位置情報アプリを連携した「シーバスリーガル18年」キャンペーン

 ペルノ・リカール・ジャパンは、AR(拡張現実)と位置情報サービスを組み合わせたキャンペーン「AROMA OF TOKYO」を開始した。期間は7月31日まで。

キャンペーンサイト

 同キャンペーンはスコッチウイスキー「シーバスリーガル18年」のPRを目的としたもので、参加者はiPhoneおよびAndroid用のARアプリ「Layar」を使って都内のバー18店と東京を象徴するスポット85カ所を探し、その場所に訪れた上で位置情報アプリ「foursquare」を使ってチェックインするとポイントを得られる。集めたポイントはPCのウェブブラウザーでも確認できる。

 Layarは現在地の周辺にある施設がカメラの映像に重ね合わせて表示されるARアプリで、App StoreおよびAndroidマーケットから無料でダウンロードできる。カメラ映像に表示された円形のマーカーをタッチすると施設の詳細情報が表示されて、直接電話をかけたり詳細地図を表示させたりできる。また、Google マップを呼び出して経路探索を行うことも可能だ。円形マーカーは距離によって大小が変わるので、どの施設がどれくらい離れているのかを直感的に把握できる。

 合計18ポイント集めると、キャンペーンに参加している18店のバーで使用できる「シーバスリーガル18年 オリジナルカクテル」の無料クーポンが提供される。また、85ポイントを集めた人すべてに「シーバスリーガル オリジナルモレスキンノート」または「シーバスリーガル オリジナルUSBメモリ」がプレゼントされて、さらにその中から抽選で18名に「シーバスリーガル18年 700mlボトル」が当たる。

 同時に、位置情報アプリ「ロケタッチ」とも連動して、毎週18名に「シーバスリーガル18年 オリジナルカクテル」の無料クーポンが当たるキャンペーンも実施中だ。

 Layar、foursquare、ロケタッチと複数の位置情報アプリやARアプリを組み合わせてこのようなキャンペーンが開催されるのは珍しく、同様のキャンペーンが今後増えていく可能性もある。

「Layar」の起動画面 「Layar」のリストの中から「AROMA OF TOKYO」を選択
周辺のスポットが地図上に表示される ARの画面。右上のサークル表示でスポットの位置がわかる
周辺スポットのリスト 検索範囲を調整できる

URL
 「AROMA OF TOKYO」キャンペーンサイト
 http://aromaoftokyo.jp/
 Layar(iTunesプレビュー)
 http://itunes.apple.com/jp/app/layar-reality-browser-augmented/id334404207?mt=8
 Layar(Android Market)
 https://market.android.com/details?id=com.layar&feature=search_result


2011/6/23 06:00


片岡 義明
 地図に関することならインターネットの地図サイトから紙メディア、カーナビ、ハンディGPS、地球儀まで、どんなジャンルにも首を突っ込む無類の地図好きライター。地図とコンパスとGPSを片手に街や山を徘徊する日々を送る一方で、地図関連の最新情報の収集にも余念がない。書籍「パソ鉄の旅−デジタル地図に残す自分だけの鉄道記−」がインプレスジャパンから発売中。